ビフレストの魔物娼館
ビフレストの魔物娼館[ミッドナイトプレジャー] :DMMでも配信中

*この感想は [さたける]さんに書いて頂きました。

モン娘の奴隷娼婦を取り扱う娼館経営物ですが、モン娘達にも物語があり、モン娘愛を強く感じるゲームです。経営・調教の具体的な仕様などは体験版の感想でご確認ください。

半年前の体験版は、奴隷娼婦が客を捌くと回復薬が足りないぐらい精神がすり減り、最後には廃棄する鬼畜な娼館運営でした。そして、貯めたお金は借金返済で消える背水の陣。だけどバランス調整を施したのか、製品版では。回復薬を適宜利用すれば体力・精神が底を付く事は無く、借金返済をしても余裕で黒字。比較的ゆったりとした娼館経営ができました。

さて、本作は2種類の遊び方に分類できます。娼婦を効率良く調教・売却し、資金を貯めていく経営シミュレーション、又は借金を払う程度に稼いで一人一人の娼婦を愛情持って育成する娼婦恋愛物。

インフレの気持ち良さにモン娘を道具化するブラック企業


難易度は低いのに、インフレが楽しくてプレイの効率化を求めてしまう経営シミュレーション。

販売斡旋所で高額売却希望の奴隷を希望水準まで育てます(スライム淫乱Lv3など)。そして期限ぎりぎりまで娼婦として酷使し、体力・精神が限界値寸前になったら売却して大量資金を獲得。資金を元手に施設を拡張して調教の効率が上がり金額も増えていく……。

また、売上上昇には、娼館LV上昇による客層の充実と看板設置(施設拡張)による客数の増加が大切。加えて接客パートで客が求める技術・性格・種族のモン娘を宛がうと、客満足度で売上金額が10%〜450%も変化します。

客マッチ
▲好みが一致する娘を宛がうと、400%の売上、客を魅了(3日連続で訪問する)状態にする事も。この状態にするには技術、つまり調教もしっかり必要。

そのため、娼婦の技術を上げるため調教を施し、多種多様な性格・種族の好みに合わせるため、最大6枠の娼婦も多種多様なラインナップに。そして初期購入可能なモン娘は最大ステータスが低いので適宜、売却。

奴隷オークション
▲高額ですが、オークションでは希少種が入手できます。通常の奴隷より不便なモン娘が多いですが、最初から能力が高いモン娘もいます。

すると初日は1日に5,000しか稼げなかったのに4日後には1万、10日後には10万と、どんどん売却額が増加。増え続けるお金に魅せられてモン娘を道具として見立てる事の楽しさが湧き出てしまいます。そしてモン娘の能力が高くなれば売上金額100%は確実に超すようになり、調教の成果も実感できて、非道だけど効果が高い調教が中心になったり。

目指せ大富豪モン娘調教師!

経営の合間に育てる愛情


モン娘達の性格は人間味があり一人一人個性を持っています。ギャル風味だったり、丁寧調だったり、くっころ系だったり。その種族だからこんな性格…ではなく、この子だからこんな性格なんだなと。「モンスター娘のいる日常」のような感じ。

モン娘の調教できるステータスには売上に影響ある淫乱や服従・淫乱以外に愛情があります。モン娘娼婦18人のうち13人は、愛情レベルに応じて恋愛ストーリーが進行します(全員欲しかったかな)。奴隷として売春を強要される悲運と諦め、そして主人公への反発が、だんだんと愛情を育んでいく物語。そして、最後借金を全て返済した後にエンディングでそのモン娘を選択するとエンディングを迎えられます。

ショートショートぐらいの分量でエンディングは一枚絵つきのシナリオ。調教する娘にも個性がある事を強く実感させてくれます。

愛情1 愛情2 愛情3
▲羽があるモン娘の羽を撫でるなどモン娘の身体的特徴を生かした内容が多くて短いシナリオながら個人的には満足でした。ただ、エンディングがあっさりしている点が残念だったかな。

なお、愛情は育てなくても娼館経営に全く影響ありません。その上でプレゼントを購入したり、調教は他ステータスの上昇を犠牲にして愛情優先で育てたり。そして、そのモン娘がお払い箱の時期が来ても売却しなかったり(枠6個は厳しい)。こうしてエンディングまで確保するわけです。

また、どのモン娘を愛でるかも大事。最大ステータスと多様性が効率化のポイントですが、その中、オークションで登場するアルビノハーピー。希少種ですが、体力がハーピーの半分……で購入金額が6倍程。そして、大器晩成でステータスが伸びてくれない天使。はっきり言えば娼館経営のお荷物にしかならないこれらのモン娘をあえて購入して育ててみたり。

ハーピー アルビノハーピー
▲初期から購入できるハーピーに能力で劣るアルビノハーピー。体力が低いので調教でもすぐに消耗し、育てるのも一苦労。

効率を求める場合はできれば避けたい事です。貴方は効率を求めますか?モン娘達との交流を求めますか?最終的な目的でプレイ方法が変化するのは面白い試みですね。

まぁ娼館経営を続けるエンドを迎えるとエンドレスモードが解放されるので、そこでひたすら愛情を上げればよい話ですが……(愛情度最大か個別エンドでそのモン娘の回想全開放)。なお、エンドレスモードは発売後にプレイヤーからの要望を受けて作成したそうで、本来は1周目に効率プレイ、2周目以降に個別モン娘攻略を想定していたようです。

接客

そして、メインヒロインとなる死神との結末も用意されています。彼女のエンドはモン娘娼婦達とは別格扱いで15分〜30分ほどのノベルアドベンチャー+αが始まります。彼女が主人公をハメて借金漬けにした理由、ビフレストモン娘事業の裏側など、世界観に纏わる謎が判明。ビフレストの裏側の設定は個人的に面白い部分でした。

ミリア
▲調教で最初からエッチのモン娘と異なり、見た目に反して身持ちが固いので、セックス(膣内挿入)まで時間がかかります。

メイン1 メイン3
▲日数が進むと挿入される会話シーンではビフレストの謎がちらほら。死神ルートに進むと、どんどんと謎が解明していきます。私は彼女そっちのけで物語を楽しんでました。

ライトなモン娘ファン、ケモナー層に好まれそうな調教シチュ


エロはモン娘だからこそできるシチュ……は思ったよりも少なく、人間女性でもできる調教をモン娘が受けるとどうなるか……という内容が多かったかな。ただ、モン娘の特徴となる部分はしっかり強調しています。

アラクネ(蜘蛛)は正常位でも4本足のインパクトがしっかり出ています。雪女は青白い肌をイラストで見せつけ、文章では膣内の冷たい気持ち良さが伝わってきます。ダゴンは騎乗位でも触手の迫力があります。イラスト効果の威力は絶大ですね。

アラクネ
▲上半身は妖艶な女性、下半身は蜘蛛。やっている事は正常位ですが、足と膣付近が蜘蛛なのが印象的。

クインナーガ
▲ナーガ種、尻尾を巻きつけての対面座位

モン娘よりは亜人の扱いに近く外見も性格も人間味があります。複数絵師さんのようですが、絵質も自然に統一されており美麗なモン娘のエロが堪能でき、ライト層がモン娘の魅力を知るのに良い作品です。

生粋のモン娘ファンは、スライムとフェアリーが特殊プレイ多くて楽しめます。スライムは軟体なので、どこでも埋没できるし、フェアリーは小人なので、人間サイズのチンコを膣内に入れるのはハードプレイになるので歯ブラシで責める……などこの2人は人間では不可能なプレイがテンコ盛りです。他にはダゴンの触手関連かな。(ダゴンは体験版で確認可能)

スライム
▲スライムはどこでもぷにぷに埋没可能。そのため、おっぱいにチンコを挿入する乳オナホなんてプレイも。調教すると乳に挿入しても感じるようになります。

調教によって3段階の淫乱差分があり、最初は恐怖や傍観、嫌々だった調教を最後は喜々として受け入れるようになり、必然的に売春も嫌々の受け身から積極的な搾り取りを行うよう変化していきます。

サイクロプス
▲淫乱になったサイクロプス

回想は19人(うち1人死神)。死神は回想5にエンド4、娼婦は1人につき調教8、売春1、エンディング1、愛情が高い時の夜這いエッチ1、調教と売春は淫乱差分が3段階あります。うち13人は愛情度によって5のショートシナリオがあります。基本CGは1人につき6〜8枚、5人は色違い差分キャラです。

なお、現バージョンは回想回収が面倒ですが、後日、回収解放条件の緩和、キャラクター所持枠の増加、売春パートスキップ機能などのアップデートがあるようです。あと、本編からタイトルに戻れないので回想を見るためにアプリ再起動も個人的には面倒でした。

奴隷娼館というダークな作風ですが、このゲームを通して感じるのはモン娘への愛です。経営・調教シミュは、やや難易度が低いものの普通に面白かったし、独特の世界観も不思議な魅力があります。モン娘ファンとして一度はプレイしておきたいゲームと言えるでしょう。