毎週出してるメルマガの音声録り。
今回は実験的に切り分けて録ってみた。

喋ってることは

●今週の注目作(開発的に)


[Hな莉由ちゃんと雪山の怪!]
ツクールではかなり珍しい、ドット単位のARPGを実現してる。
しかもスクリプトで。

どういうからくりかと言うと、3週間前にチラッと自分が話した「最近、ツクールの海外スクリプトが熱いっすね」をいのいちにやってた感じ。
つまり実際に開発していたのは自分が気付くより先で、これにはやられた…

ツクールのドット単位のARPGというと[欲望の街リリティア]が独自にスクリプト開発してやってたぽいけど、あれもかなり苦労したらしく。
それから約2年、フリー素材の導入で出来るようになったのだね…
(素材自体は、ドット移動を可能にするスクリプトだけど)

[姦喰騎士ヴァイス]も確かツクールだったけど、あれはピクチャでやってると思う。
この分野のNO1[迷宮のマリオネット]も恐らくそう。

ただピクチャという…言わば一点モノの組み込みでなく、素材というフレーム導入でできるようになったぞ、という意味でかなり注目かなあと…。
作品自体は、もうちょい凝ったら更に面白くなる気がしましたが。


自分もARPG作ってみたいゾー
ただまあ、迷宮のマリオネットを見る限り、戦闘中に犯される…みたいな要素がしばらくはキャッチーなのかなと思う。
エロACTの文脈で理解できるしね。

●最近やってること


ツクールのスクリプト素材を有償で請け負う素材屋さんがでてきて、良い感じ。
きっと、凝った良いエロRPGが出て来る助けになるはず。
https://twitter.com/mintoxyz/status/423073249245687808
http://hime.be/about.html

…もちろんネットでコンテンツを売る時に、シェア版10割っていうのは大概うまくいかない、シェアでやるぞとなれば、フリーで"おこぼれ"があるのが普通(ゲームで言えばサンプルや体験版等、素材なら試供版?)
ゆえに有料作品に限らず、フリーも、つまりツクールのクオリティは底上げされると思う。
まあ単純に、活発化する。

これはエロRPGをみんなガンガン作って、ガンガン買ってシコって(感想書いて…)、そのおかげで市場ができたおかげだと思っていて、あぁこういう元気に栄える流れを、間近で、肌で感じられる事は幸福である。
日本が20余年失っている…"景気が良くなる"ってこういう事なんだろうな、とか思ったり。

DEGICAツクールストア
ここにきて、素材を専門に売るサイトも出てきた。

こうなったら、もう一つ欲しい。
つまり"エロRPGがちゃんと、海外で売れる"ってフローも整備されたらなと…。

DLsiteの翻訳サービス(有料)はあるけれど


iphoneアプリが世界で100万DLされて、ウン千万の広告収入とかって話がちょっと前まであったじゃない、同人エロゲもそうなって欲しいんだよね。
エロゲだってトップの作品がやってる事は、技術的にそう変わらないはずでしょ。

ツクールの便利ツール2つ
まぁついでなんで、[Hな莉由ちゃん]のスクリプトの探しついでに、見つけた便利ツール2つ。

TES 
外部のテキストを読み込めるようにする。
しかも外部化できるのはテキストだけじゃなく、イベントコマンドも独自タグでテキストに埋め込めるみたい。
コンセプトは吉里吉里らしく、そんな感じ。

これの何が嬉しいかって、外注作業がやりやすくなるし、あと変数の検索とか一括置換で修正が助かるねえ…。
(翻訳化もしやすいね)
ちょっと独自命令覚えるのがしんどいけど、その価値は十分ありそう?

RGSSEditor 
積極的にスクリプトいじる人に朗報。
ツクール付属のテキストエディターは一つしかスクリプトを開けず、ウィンドーサイズ変更とかもできなかったけど、これでどちらも解決する。

またスクリプト修正→テストプレイ起動も素早く行える。
個人的に、このスマートな仕事ぶりにすごく震えたなあ…


という訳でツクールに今更ながらの上昇気流を感じたけど、そもそも発売元が別に何か努力した訳じゃない…ってのが気になる…
関係ないけど、そろそろ次のツクールが出そうな予感もするし(合併したから当分は無いか?)