ゲームでも世界or国内でなく、一部国で人気ってあるだろうか、クリエイター達の会合、性器逆転ってなんや みんなのci-enまとめvol71

ci-enの制作話

2012年からDL同人エロゲの感想アフィを続けて来た私(111)ですが、昨今のこの業界は百花繚乱、ますます円熟の道を歩みつつある様に感じられる。
万DLを叩き出すいわゆるトップクリエイター、遊ぶ専門のユーザー、あるいはその狭間にぶらぶらと位置する層。

そこで色んなクリエイターのci-enや制作に役立つ情報を横断し、今の位置を跳び越えよう、それが新しい裾野になるし、もしかしたら一攫千金のチャンスもあるかも? という企画なのだ

今のところ購読してる私のci-en一覧

ci-en

最新作進捗

子宮防衛GUN体験版、PV先行公開 – [StudioS]

うわーーい、オトコノコ心くすぐるStudioSさんの最新作の発売が近そう。
今回は(幻の名作と言われる)エイリアン VS プレデーター感あるベルトアクション…? 勿論やられれば酷い事(リョナ)になってしまう!
うひっ、素直に面白そうだ……! と少年の心に戻ってソワソワするのでした。

DepraviA-SARIEL 進捗#13 – [青色ハッキョウダイオード]

[GRAVEYARD EXECUTIONER 【 グレイブヤード・エクスキューショナー 】]のサークルさんの最新作進捗。
例によりグロリョナを楽しく遊ばせるアクションの下地構築(首吊り死体を一回きりの飛び石みたくするの、まさにリョナACTに特化したギミックを開拓してる感じ)が見られる……訳ですが、ちょい興味深く思ったのがファンアートのコーナー。

偶然なのか分かりませんが、お二人ともスペインの方なんですよね。

なんだろう、シリアではグレンダイザーが人気、フィリピンではボルテスとか……、一部の国で絶大的人気を誇るアニメとか聞くじゃないですか(日本でもマーベルヒーローの中でスパイダーマンだけ別物みたいな経緯もありますし)
エロ同人ゲーも日本 or 世界みたいなグローバル基準で捉えてましたが、考えてみればここでもこういう現象が起こるかも知れない?
まぁアニメとかはメディアが持つ役割とかもあってかなり独特なのかも知れませんが……、ともあれ、ゲーム内に有する何かがそこの国民のみに刺さって、めちゃくちゃ支持されるみたいな事が。
ふとそんな事が気に掛かりました

パパ活ゲームのデモが出来たのでやってみませんか【おっぱい】 – [サークルちょい屋]

エロ乳娘、催眠ミニゲーム! [もおれつ!!催眠学園]のサークルさんが最新作の体験版を全体公開。
相変わらず誘うようなオッパイの娘たち、さてパパ活のゲームとは……
”正規版とは違うデモ版オリジナルストーリー”も地味に際立つ。
そうか、体験版でオリジナル展開を迎える奴とか前もあったけど、ci-en限定展開って事なら案外プレミア感が……なるほど。

野生のロリ爆乳を捕まえるゲーム – [饗庭淵/喘葉の森]

ポケモンよろしくキャラ全員にロリ爆乳、パイガキを当て嵌めて下さい! そんな人類最難関(?)と呼ばれる仕事に向き合う漢の姿があったのだ。
パイズリ調教作品[乳愛奴隷調教計画]などのサークルさんの最新作進捗。

”御三家”もちゃんとキャラ属性分けてるのが感じ取れ、フレーバーテキストも良い感じ。
ですが、あとこれを30体はキツそう(しかし数が無いと成立しない企画ではある……)
そっと作者さんの頑張りを祈りましょう。そうそんな応援も出来るんだ、ci-enならね。

DLsite版「淫魔契約セックスサキュバーズ」の予告開始 – [みかん畑]

う……でっかあ……♡ 腰回り細くて派手めのギャルなのに、もうそれを覆い超すほどのもちもち……♡
[淫魔契約セックスサキュバーズ]がDLsite向けの予告もスタートさせる……、こっちはこっちで専用のエロがあるんですな

すいません、来週です – [乳マフィア]

テンポ良くアプデするかも……という気配の[セクリス]でしたが、今週はお休み。
だがここで素晴らしい未来への取り組みをされていたのだっ
ずばり乳・尻強調のための魚眼レンズ的な効果の採用。
だが(まぁ乳がとても大きいので)左右でパースが異なって来るよね……という所から、深淵なる、まるでパイズリ時の乳房の谷間のごとき深さへ。
しかし色々と試行錯誤してる感のある下絵は楽しい。こういうものをこそ美しい、とさえ思ふ……。
素晴らしいおっぱい手探り感がありました。

アップデート、攻略など

八重頭異聞奇譚 -製品版- Ver1.4 攻略 2023/01/16更新 – [Seta / Azure Azurite]

ずばりこれが欲しかったでしょう……!
溜まらないガタイの良い肉付き、だけどフラグ立ては相当、自力発想の困難が伴う……という[八重頭異聞奇譚 -影山倫子の終わらない夏-]、攻略メモを作者さんが公開。ありがたい。

久しぶりにアップデートできました(追記2023/01/13/01:42) – [たちばな槐/バニラ堂MAX]

私も製品版をプレイした新世代脱衣ブロック崩し、[闘壊ガール-ブロック崩しRPG-]
売上に応じてアップデートする「リワード」を報告しておられましたが…、今回その一つ、ステージ&Hを実装だ、っと。やはり他とは頭一つ抜け出たアニメ加減がある……?

ゲームエンジン、「前もってどう作るか」の計画がより重要で、それをどう仕組みに落とし込むかって色が強くなる気がしますねえ…。
(二角取りをGodotで実装したいのだけど、プログラムなら大体直列で書いていくんだけど、こういうゲームエンジン系なら役割を踏まえてオブジェクトごとに分割みたいな……違う思考法が要るなぁとか)

AIマン

制作進捗36 「オレたちの2023はじまる…!!」 – [いぬすく]

なんと[妹!せいかつ~ファンタジー~]のサークルさん程のビッグネームがAI絵ゲームに取り組む…というサプライズから数ヶ月。

一応4時間くらいはもう遊べるんですが
想定通りに作ったけどイマイチ面白くねえ!!!!!

現時点で「AI絵は構図とかの叩き台にすると良い」とか言われてますが、それってつまり、7~8割の物はスパッと出る、ただ残りの2割にこだわり出してからが遠い、って事でもあるのかなと。
ふーむ、壮大な実験を現在進行形で見ている気分ではありますが……。

Hとかになると騙し騙し感が否めないというかあの絵柄になるのが嫌というか
正解に向かっていっていない感がすごいんですよね…。

”あの絵柄”、大いに分かるw(何なんでしょうねあの絵柄は……いうて万とか超す学習元があるだろうに、最終的にはあそこに集約するという…集合的無意識?)
誰もがAI絵について向き合い方を考えておりますが、「正解に向かっている感覚」、掴みたいものですねえ…

ミニアイコンアップデート紹介画像作成 – [るるが@森の奥の隠れ里]

こちらは[イラストアイコン素材集Vol.1]など、素材専門のサークルさん。
しかしその方でさえ、例えば自分の本質とは関係ない背景イメージにはAIを使うんだなあ…と面白い。

写真をアニメ風に加工する要領で荒くするようなフィルタをかけてやればその辺誤魔化されていい感じになりますね。

むむー。
そしていちいち自分で環境構築してプロンプト叩かなくても、いまどきAI背景専門の素材サイトもあるようで驚愕する。そうなの……

今を生きる同人クリエイター達の会合

ここからはまさに同人エロゲの大規模化を象徴するような、各パブリッシャー的な打ち合わせといった話題。

DemonsRoots海外へゆく! – [紅唯まと(深爪貴族)]

[Demons Roots]のサークルさんはエロRPGのSteam展開で絶大な信頼を持つパブリッシャー、Kaguragamesさんと食事会!(なんというか当然かも知れませんが、通訳も付くんだなあ……ってスゴイ。VIPや!)

結果、あの超々有名IPも超す売上げを……!?(いやまぁDBとか、ずっと売れてる物に対しての一週勝負だろとは思いますが、しかしそれでも)
いま我々は時代の門出に立っているのかもですな…

【一般】オフ会してきました&アンケートの話 – [TeamKRAMA]

一方で[シードオブザデッド:スイートホーム]はSteamで10万DL以上売れてるらしく、まさにこちらもグローバル。
このサークルさんは制作チーム内の絆を深めていたのだ。

集団制作といっても普段は音声での打ち合わせなんだなぁ……ふむー
これが今我々が戦っている主戦場なのか…(いやもう戦える場所でも無いのかも知れないが……いや……)

カリンズ・プリズン 制作日誌146 張り付きチン毛はDLCになるんですが、、、 – [さちなま@Remtairy]

[カリンズ・プリズン KARRYN’S PRISON]は、マジメなシーンなのに口の横に乳にと陰毛が……というアップデートを、通称チン毛DLCとして(そうなんだけど、とんでもない名称だ)発売する事を決めておられました。

世界展開を踏まえるとそうだろうなというのは、↓

20230115 (ご連絡)魔拳師さら Hbox版アップデートとSteam版非公式パッチのお知らせ – [くしもとハウス]

この[魔拳師さら]の以前の報告、Steamパブリッシャーの「無料でアプデはちょっと……」という対応を知っているからですね……
同人のやり方は世界では通じない規格なのか。擦り合わせていかねばならないのか……。

ただ、ここではci-enにて非公式パッチとして配布されるようです。大変ですが……偉い。

そんな中でも次回作の記事は楽しそう。
メカクレ男の娘……この撚った現代の性癖の突端のようなもの、ほほう……

【企画】同人エロゲクリエイターインタビューなる合同誌の制作【募集】 – [ドージンオトメ]

同人エロゲ作家たちの専業化が相次ぐ昨今……! ここで[あまえんぼ]の作者さんが驚くべき企画を?
まぁ正味、wikiとかで偉人の略歴とか読んで「今に至るまで」を想像するとこう、緊密で正しく引かれた才能へのライン……みたいのを感じたりしますね。
合同誌として果たして発行される砌(みぎり)となるか(…そうするとDLsiteにも並ぶ事になりますかね)

ただまぁ、ci-enを日々横断してると案外読み解ける気も?(そんなんする人は極少数だろ…)
むに工房さんとかもですが、実は[子産み島~週7で産めるメスたち~]などの青水庵さんも、インタビューしてえ! と目覚められた事があって、こう……実のところ成功した作家さんなりの一つの交流会の形では、と思ったりする(ゲームならゲーム畑、CG集ならCG集畑と、どうしても自分の身近の人に偏りますし)

読者が興味を惹かれる部分との違いは出て来そうな……
というより、ci-enを見てても大半読者が興味を抱くのって成果物越し、世俗的な事だったりするんよな…(そうしないと想像出来ないというか)

おもしろノウハウ

Bakin開発メモ #7 – [かわいそうなのは抜ける]

過去記事から引き続き、[魔法少女マジカルハート]のサークルさんが、最新作でbakinのノウハウを溜め続けておられる……!
Unity、あとspineとかかな……舶来のツールで見る「英語+SDキャラ」みたいな解説動画を、国産のbakinで見るとこう胸に熱いものがあるね
これがSteam販売、グローバル…なのか(しかし日本のツールの情報を海外経由で知るってのも凄い時代だ、それってあんまマニュアルがしっかりしてないせいでもあるのでは……)

【データ】「DLsiteトレンドニュース23年1月号」 – [ばぶー!DLsiteクリエイター学園]

こちらはci-en公式マスコットの座をシコリスの代わりに虎視眈々、肉食獣特有の目つきで狙っていると言われるニャン作(”今週のニャン作マンガ”辺りに「こなれ感」が窺える)
まぁこういう内部っぽい情報公開でもって、何となく親近感を抱くものですよ……(これをね、なんでエンジニア方面で出来ないんだ、とか思うんですけど…まぁいいや 最新話では少し来てた)

人気ジャンル——そして注目ジャンル。
しかしこの分野で言うと、女性向けの影響計り知れないだろうなと思うのは(そもそも現在の萌的な絵柄自体、早い段階で少女漫画の薫陶を受けてるとも言われる訳で)
性器逆転……、えっTSじゃないの、性器逆転!? 男の子が妊娠できる!?
男の娘作品がやっと男性向けでも増えて来たと思ったらコレである、果たしてこの世界の速度に追い付くのに、一体僕はあと何年を要するのだろう(無理して付いていかんでもいいだろ……)

10周年振り返り企画 「スーパー野球拳」「はじめてのカジノ」編 – [なめジョン / excessm]

[色仕掛け型テーブルゲーム マインズカナリア]のサークルさんが十周年を記念し、DLsiteの初作から今までを振り返っている企画。
遂にウディタ→Unityへの移行期にまでやって来ましたよ。
この時期にUnity勉強用として、こんな作品たちを作っておられたんですね…(今でも無料公開されてますが、初めて知る……いや少し触った記憶があるかな……?)
こんなミニゲームのアイデアというか、ちいちゃな世界もフフとなって好きだったり…

思うんですが、こう……ゲームエンジンとか新ツールとか……。
ここで学生の頃に「テストで点数上げる勉強」に必死に取り組んだ経験の有無が、思い切り出そうだなと…。
つまりある程度、学習推移を自分で予測して次はこう、これやろうと建てられる人、なんかぼーっとやっちゃう、下手したらチュートリアル終わったらどうしていいか分からない人……ってのも居るよなと…(我が事に当て嵌めつつ……)
それは学校の勉強でも新しいゲーム制作手法でも変わらなかったんだ。
くそう、人生はレースだぜ(?)

【開発コラム】サークル冥魅亭十周年記念+今後の予定 – [サークル冥魅亭]

そして[死神教団 ~淫森に呑まれた村セグルメット][死神娼館 ~ 宿屋の主人に転生して女冒険者にいろいろするRPG]のサークルさんも十周年。
この一年の振り返り記事が、失礼ですが面白い列挙…。
数々の苦労と予想外、そこに地力と勤勉さ、時にコスト(お金)でがっぷり四つ取り組んでるのが読み取れる。
(個人的にはこれだけの事を抱えつつ、”日付が飛んでいない”のが本当に凄い所だと思う。普通は気が付いたら数ヶ月……とかありがちなんですよ…)

やっぱ(その手法、モチベは様々だろうけど)売れてるサークルさんは生産力からして違うのよね……と身も蓋もない事を痛感させられるのでした……、うん

ci-en以外のおもしろ

『規模が小さい』という事は、おおよその問題を解決してくれる……なんて言いますが、その言い古された、賢い真理に飽きた方の為のゲーム制作話だって

なかなか大胆なAI審美論。
そもそも「絵が上手い」とは何か……すなわち腕が一体となっていようが、抜群に「エモい」「構図が面白い」のはnoverAIである、と(だからこそ破綻しやすいのだろうけども)
正しくないけど上手い。これ芸術で言ったら印象派的な所に踏み入ってるのだろうか……

最近やってること

最近Godotをやってる(Unity・アンリアルエンジンといった並びで、第三極みたいに語られるゲームエンジン)
また、DeepLの有料版を入れ、ハッカーニュースに張られる英語のページとかを丸々翻訳して楽しんだりしている。
すると当然「ハッカーニュースでのGodotでの話題」も浮上してくる訳で……

まあここのコメントは玄人過ぎるだろとは思いつつ、なかなかオモロかった。
訳を張ってみる

Godotはいいエンジンです。私は3.0.x時代にこのエンジンで3Dプロジェクトを行いましたが、これまで使った中で最も親しみやすく、簡単なエンジンでした。
そのため、(私も含めて)多くの人々から愛されているのだと思います。ノードシステムも素晴らしいし、GDScriptも悪くない。ゲームエンジンの中で最も生産性が高く、将来的にはGodotに一本化しようと定期的に考えています。
しかし、最終的にそのプロジェクトを断念したのは、Godotには紙一重のところが多すぎて、満足できなかったからです。
Godotは、ある種の「何でも屋」であるように感じられました。すべてがうまく機能するのですが、実世界で使うために完全に洗練されているものはひとつもありませんでした。
どのシステムにも、少なくとも1つか2つの欠点があり、それが実際のプロジェクトを遂行する上で、フラストレーションの原因となっていました。

それへの返信。

興味深いことに、あなたは私がUnityで経験したことを述べているのです。

(うおぉ、すげぇねちっこいレスの予感だ、こんな”返し”があるのか)

Unityを使い始めて数ヶ月になりますが、最も不満なのは、この会社がいかに怠惰でプロフェッショナルでないかを示していることです。
彼らは基本的に、アセットストアが彼らにとって非常に大きな収入源であることを発見し、今では完全に過剰に活用し、利益のためにコミュニティを乱用しています。
彼らが出荷するわずかなものについては、後方互換性がないために日常的に物事を壊したり、文字通り半分だけ完成した「製品」を出荷しています。
Unityで何か意味のあることをしようと思ったら、一から自分で作るか、プラグインを買うしかないのです。

たとえば、同社のAIナビゲーションシステムは非常に機能不足で、2年近く更新されていません。また、最後に出荷されたものは、いくつかの使用例において、文字通り半分壊れており、バグだらけでした[1]。

やめい、やめぃ、ゲームエンジン同士の喧嘩はやめい!(外人さん達の間に割って入る111)

まぁ誰が正しいか分からんが、「自身での正解」は肌で分かっていて、”四の五の抜かさずにやれ”であろう、ここでは……。
やった人間の不満と、それをやってない人間が見て、ひぇえーーと敬遠するんでは全然次元が違いますからね…(あと自分は2Dゲームしか作らないと思いますし…)

ツール・素材系アフィ

そんな訳でこれを見てる人の多くは、明日の有名クリエイターを目指し、制作を続けておられる方でしょう。
DLsiteで扱ってるツールやら素材のリンクを貼っておきますね……↓


[RPGツクールMZ]


[SMILE GAME BUILDER]


[RPGツクールMZ]


[SRPG Studio]


[ゲームエフェクト集 Vol1 サファイアソフト素材シリーズ]


[ティラノビルダー PRO]


[フリー素材SE Vol.ABCバンドル (MP3+OGG形式で収録)]


[イラストアイコン素材集Vol.1]


[研究所 タイルセット]


[ねくらレトロフューチャーマップチップ素材集]


[ゴージャス×クラシカル UI&装飾素材セット]


[姫騎士リヨナ]


[A.I.VOICE 琴葉茜・葵]


[立ち絵素材集-ファンタジーヒロインR版-]