*この感想は[さたける]さんに書いて頂きました。
-以下は本編のネタバレを含む可能性があります。

エッチなバイトは必然!冒険者雇ってダンジョンに潜って村おこしだ


元気一杯女子がダンジョンで有名になって村の施設に寄付し、村おこしをするRPGです。主人公はエッチに潔癖症で、好きな人以外とはエッチしたくないし娼館を「不潔」と思ってしまう思春期な女の子像。そんな子が騙されてエッチを強要されたり、露出に目覚めていったりします。

最初は何もない村ですが、役所で資金を払い施設を建てたり強化できます。その度に住人が空き家に引越しするなど少しずつ賑やかになり街経営してるなと感じます。ただ、必要資金が高価すぎて主人公じゃ手が届かないので、投資してくれる人を探します。そのため、ダンジョン探索して名声を得ていくのがゲームの流れですね。

ダンジョンは一人で探索してもすぐ全滅するので冒険者を雇います。しかし、冒険者を雇うために賃金を稼ぐ必要があるため、アルバイトに従事します。問題はアルバイト代金 >> ダンジョン探索で得たお宝の費用で確実な赤字になる事です。また、ダンジョン深層を効率良く潜るには高レベル冒険者が必要で酒場の強化・より高い賃金が必要……とまさに金・金・金です。

冒険者
▲変な冒険者を連れていくと襲われてヒドい目に……。冒険者選びも重要です。

金がないからあれこれができない!零細経営者の気持ちが分かりそう。そのため、自然とアルバイトは売春や娼婦に変化し、エッチなお願いで施設へ投資してくれる人も見つけます。エッチで貰える金額がバイトの数〜数百倍になるのでバイトが馬鹿らしくなります。(お金の面では色々と現実感あるゲームだなぁ。)処女クリアも可能ですが、1周目だと相当苦労するのではないかと。

スローライフなので村の主要人物(女性含む)に好感度があります。世間話・プレゼントで好感度が上がり……、そして一定値を超えると家に誘えます。雰囲気が盛り上がると……。なお、本作はあくまで陵辱・売春・露出が主題なので、恋愛は一部に立ち絵やドットエッチがあるものの、ほぼ凡庸イベントのみです。(もしかしたら、個別エンドでCGがあるかも。私は別の優先エンドが原因で確認できず。)

では、なんでそんなシステムがあるか疑問でしたが、お家デートが後の陵辱フラグになったり、主人公が調教されかかってご主人様をお呼びしてしまうイベントがあるのでそちらがメインですね。たとえば主人公が好意を寄せている男性とエッチすると、兄弟が暴走して……とか。

タマ1 タマ2
▲道具屋売り子のタマちゃん。もう本当に可愛くて立ち絵やエロCGが欲しかった。でも、主人公への愛が強すぎて彼女以外とも自宅エッチをしていると……

ダンジョンはスキルを強化して潜っていくハクスラ


ダンジョンはシンボルエンカウントのランダムマップ生成ダンジョンで10階層ごとに中ボス戦。また、最奥に敗北エンドありのボス付きで、固定マップの特別ダンジョンが5つあります。

シンボルの色で戦闘がオートかマニュアルか決まります。一度戦闘がはじまると戦闘中に敵シンボルがわらわら寄ってきて連続エンカになりやすい傾向。難易度「やさしい」なら隠密・ステルスなどで敵を回避しながら移動します。
各キャラそれぞれ4つのスキルがセットできます。スキルはダンジョン探索中の宝箱か敵ドロップで入手。また、街の武器屋で素材と組み合わせて強化が可能です。それぞれのスキルはオート戦闘のみで使うタイプと3倍のMPがかかるけどマニュアル戦闘で使用できるタイプがあります。

ダンジョン1 ダンジョン2
▲オート戦はウディタのデフォルトAI。ボス用に高コストのマニュアル用スキルをセットするとオート戦闘で使われてMP枯渇、弱いとボスに苦戦する……攻撃スキルをセットすると回復スキルの使用率が減るなどスキルの選択は悩みます。

後半の敵は通常攻撃でまともなダメージを期待できないのでスキルの強化が重要になってきます。そのため、何度もダンジョンに潜って強化用素材を入手……と本格的なハクスラですね。ダンジョンの難易度は最近のエロRPGとしては高めでレベル上げやスキル強化が必要です。

一部のエンドと戦闘敗北バッドが見れませんが、ダンジョン無しのクリアも可能です。

エロくてちゃんと抜けるドットエロ


ツクール・ウディタ規格のドットエロは工夫をしないと実用性が薄く、人気作だと「茜町物怪録」は敢えてツクール等身大を崩し独自の規格にしています。「ゲームセンターのあのこ」は、キャラチップにこだわらず、ミニCGレベルのアニメ風ドットで対応しています。「NTRPG」はツクールXP規格サイズのキャラで多彩な動きを実現し、ドット絵の拡大などを駆使しながら対応しています。

本作の手法はNTRPGに近く、キャラはXP規格に近いサイズでドットエロ時は拡大して動きます。シーンは主に凡庸エッチ・イベント2回目以降の差分・恋愛エッチで発生します。メインイベントは全てCG入りでドットエッチは次の差分のため、ドットの動きを見ながらもCGが頭の中に浮かんでくる仕掛けです。

オナニー2
▲手の動きが卑猥な自宅オナニー。事前に「せっかくダブルベッドにしたのに」、事後に「むなしくなんか」など独り身の現実感のあるセリフと共に私のお気に入りシーン。行為前にCG付き

娼館

1ヶ月以上も時間をかけて調教!いやみな成金おじさんとの性的契約


本作は計算高く嫌な性格をした金持ちの成金おじさんがおり、村の援助と引き換えに主人公に性的な契約を迫ります。悪役ですがキャラに個性があり、さらに既婚者で相手が主人公の知人……。奥さんの前だと紳士なので奥さんは彼にメロメロ。

最初、胸を触りフェラを強要し、パイズリを強要。そして最後にはセックスまで持ち込んで……。胸を触る場合も、1シーンがねちっこいのですが、彼は時間をかけて主人公を調教するつもりなので日数もねちっこいのが特徴ですね。胸を触るイベントも1日目は服の上から、2日目はブラで、3日目はブラを外してと少しづつシーンが展開します。どんどん過激になるので主人公の心理的負担も……。

セックスまで進んでも、今度は妻(主人公の知人)への罪悪感を煽る内容へ移行。後半になるとエッチ無しのイベントもありますが、身体はすでに最終段階で、疼いてオナニーしたり、奥さんの家事手伝わせて罪悪感を煽ったりとエッチがないのにエロい状態。エンディングも3種類ぐらいあります。

領主1 領主1
▲胸を触られる→フェラを自らする、犯される→自らペニスを挿入するなど、順々に主人公自ら行為をする事を強制するおじさん。

差分はエッチ無しを含めて30程あるエロRPGでも類を見ないほど巨大なイベントです。
彼の援助があると100万必要な施設が1万に値引きするのでゲーム的にも初回ならほぼ必須イベントです。この値引分を彼に返済すれば主人公は晴れて自由の身ですが普通の冒険者には不可能な数字で……。

借金
▲ここでちゃんと「返済する」選択肢があるのが、さらにやらしい。

露出に目覚めていく快感


成金おじさんの次に作者が力を入れているのが露出かな。主人公は序盤、家にトイレもない状態で草むらでおしっこをします。家にトイレを設置すると何か物足りなさを覚える主人公。そして抑圧された欲望を解放せよ!とばかりに占い師は主人公に何かを仕掛けます。すると尿意が……。他人の家の便所を借りるもよし、浴場のお湯でこっそりするのも良し、……お漏らしするのも良し(実は浴場のお漏らしはバレる魔法が仕掛けてあったり)

そして占い師に相談すると、……夜の街で露出。最初はチラりとスカートをめくるだけだったけど、ノーパンになったり、服を脱いだり。そして最後には売春を持ちかけたり。露出イベントは全ての段階で街を徘徊しながらプレイヤー手動で進みます。売春エッチは全てドットエロ。そして夜の街で大胆になってくると占い師はさらに主人公の欲望を解き放つのだった……。

露出1 露出2 露出3
▲特にラスト近くになると、街のどこでもドットエロのオンパレードになります。露出というより肉便器。

可哀想な目に遭い、悔しくて涙を流す女性フェチ


エロのメインは上記2つですが、おじさんに料理を教えられて、撮影会で……、夜の酒場に誘われて……と様々なイベントがあります。売春・陵辱メインで大体2〜3差分+最終段階のドットエッチ差分ですね。で、本作の大きな特徴ですが、「涙」です。

娼婦の初仕事の時も、「嫌な客」「こんな行為したくない」。成金おじさんのキスも「気持ち悪くて吐き気がしそう」、男の性器を見て「グロテスク」など身体を売る行為に激しい拒否感を示します。そしてテキストは常に女性視点。エッチの拒否感が強い頃は行為の最中に何度も悔し涙を何度も浮かべます。慣れても快感の涙。

目元だけでなく、頬まで流れている事も。序盤は「嫌だけど快楽を感じちゃう。」エッチが中心ですが、この嫌の心情がかなり強調されています。全CGの8割以上に2枚の泣き顔差分があり1枚がちょっとした涙、もう1枚が盛大な涙で「泣きフェチ」御用達のゲームですね。

涙・女性視点、そして普通の女の子が騙されて身動きが取れなくなる様をじっくりと表現する様は「ソニアとHな召喚獣」など風来の団のゲームと嗜好が似ています。

涙目1 涙目2 涙目3
▲「必死に強がってはみたけれど、溢れる涙を止めることはできなくて。」など文章でもしっかり泣いてるのがポイントかな。

CGは30〜40枚、ドットエロは10〜15種。回想は差分含めて65種類。回想に登録されないエロイベを含めるとおそらく80〜90種のイベント数。ドットが強調されている本作ですが、主人公目線の陵辱・売春・露出RPGとしての質も高いです。ダンジョンや資金稼ぎに時間がかかるものの満足の1本でした。クリア時間は約20時間。(注:効率の悪いプレイをしたので、多分普通なら13〜15時間ぐらいかな)