CG集出してたサークルさんがエロRPGに乗り出す。
ここ数年、一つの立身ショートカットではありましたが、それも最近は落ち着いてきた感じ。

このRPGもその内の一つ…とも言えるんですが、違うのが「RPGツクールMV」製であること。
なるほどツクMVなら新しいし、解像度制限なしですし、穿った言い方だと”ワンチャンある”のかも知れない。
でも実はそれだけで終わらなかったのが素晴らしいんです…、という訳で予告版プレイの感想。

新ツール(RPGツクールMV)で遊び易さに徹底配慮すると、強いね


ニート 乳搾り男男だろうが全員立ち絵あり! 個性的なメンツ、しかも盛んにエロを狙ってきやがるぞ!

予告をプレイして感心したのは、「新ツールだから仕方ない」ではなく、「新ツールだからこそ」これから入る人の為に、徹底して親切を心掛けてること。

操作ボタンから、”XInput形式以外のゲームパッドでは動きませんよ”みたいな所まで事細かに説明してくれます。
(製作者としては「利用規約」も、今後の見本になりそうな丁寧さ…)

エロシスター 淫乱婦人NPCの女性もたくさんだ

ゲーム内容はいわゆる、村の人に話し掛けてエロフラグを建てるものですが、
進行のヒント・済んだHシーンはセーブを超えて共有・いつでも回想部屋あり、
しかも淫乱度に当たるMPが足りない時は、毎回、注意表記も出してくれると…。

今までのツクールMV製のエロゲ、大体が海外サークルかヨXXカ系列という中で、余り本腰入れて遊んだ事ない人も多いのでは無いでしょうか…

今作はまさに”ここから入る”に持って来いかも、と思いました。

フラグ立て物語。村のエロ模様が面白そうだ…!


ダークエルフ 猫娘寝姿非エロのカットインも多し。カワイイ

RPG的には、戦闘無し・一つの村でエロフラグ立てて完結…というとミニRPGが浮かびがちですが、
今作は、男女問わず”村人全員”に立ち絵があり、普通に獣人とかも混じってるのが特徴的。
キャラのクセがちょい強いながらも、軽いノリで面白い雰囲気を醸しています。

しかもエロ・非エロ問わずカットインが豊富。
おかげであちこち歩いたらすぐイベントに遭遇、エロ模様を目撃みたいな事になりそうで、かなり楽しめそう。

NPCエロNPCエロ

NPC同士のエロもばんばんある。
そこが主人公の売春中心のミニRPGとは、大きく異なる所ですね…

加えて言えば、さすがCG集屋さんだけあって、エロ絵の強調すべき所、エロシーンの運び方はいかにもシコさを分かってる感じ。
女性へのセクハラから、多人数プレイ、ふたなりレズまで。
かなりエロシーンも多そうで良いなあ…と。

搾乳エロシーン 触手3Pエロシーン ふたなりエルフエロシーンシコ度高いエロシーン!

あとは”キーアイテム”の存在も興味深い。
これは一度手に入れると、セーブを超えて持ち越されるという物。
(初めからプレイしても持ってる)

いちおう時間制限として、一つのエロイベントで昼・夜の半日が経過する、夫が帰ってくる一週間後までにどのイベントを見るか…とかの縛りもある本作。
(途中のイベントで、EDも変化するみたい)

予告版のキーアイテムはメイド服なんですが、関連イベントの多さもあって、何か「メイドルートに入ったぞ」みたいな趣もあるなあと…。

そんなシナリオ攻略的な楽しさも残してて、遊び易さと合わせ、唸らせる造りとなっていましたね。



NPCの関係性を想像させるテキスト、豊富過ぎるキャラ絵が盛り上げる


1周目はまさに、「石を投げればエロに当たる」って感じ。
村を好きに散策したら、あちこちでエロに行き当たる。

そしてその上で、キャラのやり取りにも力入ってるのが本作。

イベントこなす度にキャラがどんどん出る。この数にしては物語的に持て余してないのも、地味にスゴイ。

体験版の時点でも「ちょっと多いぞ」なんて思ってたキャラ達が、
野菜泥棒を捕まえたら村の一員になり、
行き倒れを助けたら、王国騎士団長で…とか、イベントを見つける度に更に増える。

もちろん彼女たちにも全てエロは用意されてて、ルートごとにお話に絡んでくると。
ただし初回では多分、最後まで見届けられないと思う。そんなバランス。

いちいちおもしろCGが多いんだよなあ

なので2周め以降、
”倒したと思っていた魔王が、実は生きているらしい…?”みたいな展開を見届けたり、
先に進むにはキーアイテムが必要なので、いったんセーブ、他のデータで先にそれを取ってからまた来よう…とか、少し入り組んだのを解く楽しみがあり。
(2周めから加わるエロルートもある)

そして各エンディングを迎えると、意外にキャラ同士の微妙な繋がりや背景が見えて面白かったり…。
(あえて言うなら本作のテキスト、割と絶妙だと思う。
NPC同士の関係とか、ちょっと想像力を働かすと頷ける整合性を出しつつも、全ては語らない…みたいな余地が良い)

ただ回想部屋の条件がキャラ名だけだと分かりづらいので、名前+立ち絵をマニュアル等で確認したかったかも?

”同じキャラのエロを3回見る”とかの場合、周回しても途中から始まる(回数を記憶してる)とかの攻略支援がありつつ、
4周めともなると、さすがにヒント無しで見るのは厳しい条件が残るので、回想で確認&回収。

そんなこんなで、プレイ4時間、フルコンプリートまで一気にやってしまいました。

もちろんエロのメリハリ、標準的クオリティの高さ…!


肝心のエロも、期待に応えてくれる物でした。
”体験版で見込んだだけはある!”という感じ。

エロ嗜好としてはフタナリ、搾乳、謎のマン汁推し(クンニ)、M責めまで、ロリが無いくらいで幅広いですが、どれもが高い水準だと思います。
(基本的に明るいノリなので、たまに勢いで押し切る時がありますが、絵的には一切手を抜いてない)

スクショ映えするエロが多くて本当に迷うんですが…「懺悔室の窓」を効果的に使った強調。差分も良い。シスターのエロ、大体どれもシコです。

しかも女性二人が悶えるシーンをきっちり描いたかと思えば、シスターの懺悔室でのパイズリやフェラみたいな、女性の部位強調もグッとくる上手さ。
メリハリ。

普通のエロRPGだと一つのエロシーン=一つの基本CGが定番ですが、こちらは立て続けに体位が変わったり、差分とかも大胆に動いたり、かなり一つのファックを濃くしてましたし。
エロシーン全50…っていう多めのエロを掲げつつ、コンプするとオマケエロとかのサービス精神だったりね。


「村で完結する・エロイベント見まくり」って思ってるとちょっと勿体無くて、これはなかなか一味二味、違った物になってましたね。


RPGツクールMV
RPGツクールMV
posted with amazlet at 16.02.10
スパイク・チュンソフト (2015-12-17)
売り上げランキング: 54

LOGICOOL ゲームパッド F310r
ロジクール (2013-04-19)
売り上げランキング: 109

ツクールMV、Xinput対応コントローラー