*この感想は[エローン大君]さんに書いて頂きました。

中華圏から来たRPGの刺客!?一見カオスだけど中身はしっかりしてるんです


呪いの鎧タイトル画面前、見えなく無いですか?

デジ同人の海外サークル自体はアクションやアクションRPGなどで、ちょくちょく目にします。
今回紹介する「呪いの鎧」は、王道RPGという「テキストが重視される」ゲームジャンル。
それでありながら、作ったのが中華圏……となれば、
「果たして我々はストーリーを解読できるのか」「そもそも向こうのRPGってどんな感じよ」
など不安になるのも必然というもの。
というわけで、普段はデジ同人界の地雷原をひた走っている私が、実際にプレイして試してみました。

ゲーム性は意外とまとも、言葉の壁やユーザビリティが難点


早速プレイしてみますと、

> 主人公・リリナが街を目指して旅立つも、街中の英雄像前で奇妙な声を聞く
> その声に従って墓場に向かうと、そこには淫魔と呪われた王冠が……!
> 誘惑に負け、王冠を身に付けたところ、乳首とクリにピアスがはめられ、やがて触手で出来た鎧の形に!
> 明らかに呪われた主人公は、呪いの鎧を外すため、世界に散らばった宝具探しを始めるのだった……!

というストーリーが、見たこと無い漢字を交えながら描かれます。
最初の墓場の段階で、見慣れない漢字(固有名詞?)を交えて紹介されるため、少し迷ったのは秘密です。
全体的なテキストとしては、やはり「機械翻訳をかけたかのような独特の違和感」は感じます。
ただ、それ以上にユーザビリティに問題がありまして、何しろ、イベントのフラグになりそうなステータスが

ステータス画面事あるごとに加算される上、よく分からない(精子量とか何に使うんだろう)

これだけあるものですから、何がフラグになってイベントが起きるなど分からないのです(具体的な説明も特にありません)。
一応「備忘録」という機能があり、次にすればいいこと自体は分かるようになっているのですが、これも地味に分かりづらい。
このゲーム、地味に「日」の概念もあるため、気付かないと一瞬詰んだかと思って焦ることでしょう(○日待てと言う表示が、いつの間にか備忘録から消えたりしますし)。

では、ゲームとして面白くないか、というと実は結構面白かったりします。

ギルドクエスト様々なクエストから選べる。スライム討伐しながら薬草を集めておくと楽。

まず、「ギルド」というものがあり、ここで「薬草収集」や「スライム討伐」などのミッションを受けることが可能。
このミッションを攻略することで、経験値やお金を手に入れることができます。
肝心のRPG部分は、シンボルエンカウント方式で、戦闘はオードソックスな王道RPGタイプ。

バトル画面立ち絵アニメ&ボイス有り。敵が射精すると「脱力」状態になるのがなんだか面白い

このスクショで「あれ?」と思われる方もいると思うのですが、呪いの鎧は主人公の「淫欲」によって生成されたものらしい(※淫欲が無くなると形が保てなくなる)ので、普通に脱げます。王冠とかピアスが多分本体。
そして、鎧を脱がしたスライムは、彼女を縛り上げて犯すのであります。犯している最中は、立ち絵がアニメーション(嬌声ボイス付)する上、戦闘終了後に精液などがGETできます(メリットは不明)。
難易度イージーでプレイしたためノーマルでどうなるか分からないですが、呪いの鎧に包まれてない時の主人公(普通の服)は弱い上に、あることに淫欲は使うので淫欲は重要。

淫欲説明とりあえず精子が入れば淫欲が上がることはわかる

戦闘をすると淫欲が減る代わり、性行為などを行うと淫欲は回復するので、淫欲稼ぎに街中の男を押し倒したり、モンスターに犯されたりするのが重要になってきたりします。
ちなみに、何しろステータスが複雑かつ説明が無い作品ですので、街中の男と路上SEX出来る条件もよく分からなかったり。「堕落」が怪しい。

ユーザビリティの低さが一番の問題ではありますが、様々な要素で埋め尽くされ混沌としたステータスが、本作を余計によく分からなくしていると思います。
日本のゲームの場合、ゲームに余計な要素が無いかをブラッシュアップする「引き算」な作り方が主流です。
ただ、中華圏だとオンラインゲームが非常に人気で、オンラインゲームでは様々な要素を「足し算」してプレイヤーを離さないようにするのが大事。
この辺りのゲーム作りの考え方の違いというのが、テキストだけではない「どことないゲーム性に対する違和感」を感じさせるのだと思います。

「ギルドクエスト」というやるべき目的があり、それによってお金や経験値が得られるという報酬もあるので、地道に金稼ぎしたりするのが好きな私からすれば、何だかんだでかなり楽しかったり。

小鳥ロングこれから目を弄るとかなり某アイドルっぽくなります。ドット絵には適用無し。

下着変更クラウドファンド謎の「クラウドファンディン下着」。どこかでやってたのかな?

本作のもう一つの特徴である「コスプレ」に関しては、予告版では「美容室」での髪型や・瞳・髪色の変更のみという感じ。
実は「淫欲」を使った「下着変更」もあるようなのですが、常に呪いの鎧を着ていたからか下着姿を楽しめませんでした。
個人的に気になったところとしては、下着変更の項目の中に、「クラウドファンディン下着」というものがありました。
「クラウドファンディン」という字面を見るに、もしかしたらenty的な何かをサークルさんがやっていたのかもしれません。

興味深い斬新な要素は有り! だが抜けるかは人によって分かれそう


まず、本作のエロ要素で重要な部分としては、「立ち絵H」「イベントH」の他に、「ドット絵H」があるということ。
エロACTでは当たり前でも、RPGでは珍しい要素ですが、「呪いの鎧」では主要なHシーンは大体がドット絵Hで描かれます。
そのドット絵Hの見せ方も面白く、

ドット絵H前このマップ画面から……

ドット絵Hズームアップ!

と言った感じで、小さいキャラチップをそのままズームアップし、シームレスにドット絵Hを魅せるようにしています。
おっぱいが濡れ動く様や、服を脱ぐ様などもきちんとアニメしていて、見ていて「おっ!」と思いました。
ただ、肝心のH時のアニメーションが4コマ程度のアニメが繰り返しと単調で、Hの内容自体は普通。なので、どうしても「ドットなら何でも抜ける上級者向け」という印象がつきまといます。
何より、肝心のテキストが「あ〜〜〜いく〜いくぅ〜〜〜〜〜〜〜」と言った感じなので、これで性的に盛り上がれるかどうか次第と言ったところでしょう。
ただ斬新性はあるので、Hアニメーションを4コマから増やし、バリエーションを多くするなど、下地さえきちんと固めれば万人が抜ける素質は十分にあると思います。
ちなみにドット絵Hは、イベントの他、雑魚敵に敗北したときにも見られます。一度見たHシーンはスキップできるので地味に便利。

バトル画面H立ち絵Hは戦闘中のみ?

イベントH イベントHウィンドー無し元々付けてるピアスリングもあり、より陵辱っぽさが強いイベントCG

一方、立ち絵Hは予告版段階では、戦闘中のみ見られる模様(何度も繰り返し見ると若干邪魔に感じてきますが……)。
イベントCGもボスのみだったことから、「ドットHで抜けるかどうか」が本作を買うに当たっては重要になると思います。要体験版プレイ!
と言うとなんですが、実は本作「称号」というものもございまして……

バトル画面H公衆便所など様々なものが並ぶ称号画面。淫乱雌曽って何だろう……

スクショを見ていただくと分かる通り、「糞姫」なる称号などスカトロ的なハードなものも予想されます。
予告版でこそ普通のプレイばかりですが、変態的なものも十二分にあり得ることを考えると、製品版に期待と言ったところでしょうか。

洗練されていないものの、面白い要素は多々あり


美容院一番気になる着せ替え(?)要素。整形も取り扱っております。

というわけで、「呪いの鎧」の予告版レビューでございました。
実際のところ、結構日本語に違和感があるのでプレイするのに苦労はしますが、慣れてくれば面白いゲームだと思います。
本作の一番特徴的な部分である着せ替え等が、予告版ではあまり楽しめなかったのが、個人的には非常に残念でした。
ですが、瞳が露骨に某アイドルアニメ風だったので、非常に楽しみではあります。
ちなみに、私が抜けたかと言いますと、ボス敗北時のシチュエーションで抜けてしまったので、案外いけるかもしれません。
1800円と高価格ではありますが、着せ替えの内容次第では「立ち絵Hでも、ものすごく抜ける作品」として化ける可能性もあるので、製品版にはすごく期待しています。