ROBFEOY
ROBFEOY[アスガル騎士団] :DMMでも配信中

人気BF(バトルファック)作品、三作目であり最終章


本作の始まり今回は空中都市からスタート。冒険感を煽る

人気シリーズもなんと三作め。
なにしろ普通に前作の続きから始まって過去の登場人物も出るくらいなので、大幅な路線変更や革新は無さそうですが、高いクオリティは変わらず。

あるいは一作目から既に完成されていた…という証左なのかも知れません。
(むしろヒットの理由を紐解くなら、シリーズ続編より、一作目でいかに土台を広げたか、そして続編のユーザーの離脱率の低さ…を見ると面白いかも。
ありそうで無かった二次創作、Ver4.0になるほどの大幅アップデート、MODシステム…)

スライムもちろん、ザコ戦も含めて全てBF。

今回、一番手を掛けて充実したのが
シリーズの魅力部分でもあるアニメーション (作品説明より)

という事で、こちらが責めて差分アニメ、相手が責めても差分アニメ、待機時でもHP残量によって変化。
ころころ表情や体位が変わるのは、なかなか他のBFと一線を画すなぁと。
(気持ち、前作よりもスムーズで自然な絵変化が増えてたような)

コウモリぷくー

責める気満々だった女の子が、あられもなくイカされて悔しい…をテキスト変化で追うのも楽しいですし(数種用意されてます)
特に炎のこうもりちゃんに弱点の氷胸タッチをしたら? 特別にぷくーって表情になったのは可愛かったですね…。

(いまさらですが、BFというジャンルも一昔前(主にネットのアングラ界隈の頃)はテキスト+数値エロがメインでしたが、今ではこうしてグラフィカルな興奮が前面に来てるのだ…と思うと、感慨深い。
特に今回はアニメ・パターンの規模増って事で、その印象が大きかったかも)

こうもり逆レイプこうもり逆レ。一行ずつのテキストですが、雰囲気出すのが上手いと思う

そして敵に負けると恒例の逆レイプ。
アニメ強化って事はここのエロさも軒並み上がってる訳です。

もちろんザコ敵だろうとしっかり用意されてて、お馴染みの”発射まで◯秒”カウントの配慮あり、射精した後の「おかわり」責めに至っては、やはり良い。

ボス戦ボス戦前には割とLV上げもいるバランス。しかしなんて尻だ…乳揺れもします

派手なBF部分に目が行きがちですが、RPGとしては結構じっくりプレイするバランスでもあり、これは旅のお供に、負けつつ進むのが捗るな…と。

という訳で、今作もう一つの重点部分は
100近い新スキルが追加され、クエスト数やゲームボリュームも過去作の倍以上

という事らしく、
武器鍛えあり、素材結晶化あり、前作から搭載された仲間の支援…
更に予告版の最後を見るに、”ホムンクルスを育てる”なんて要素もありそう?

ボス逆レイプボス逆レイプはより執拗。バックで搾られた後に、まだまだ騎乗位で責められる…(説得力ある尻だし、仕方ない)

予告ではBFシーンがピックアップされてる印象でしたが、遊べる部分にももちろん期待、更に最終作だという物語展開にも注目ですね。