催眠エロ+スタンドバトル(ジョジョ)…!?


微妙なジョジョネタと、説明であちこちシステムが飛んでる感じにちょっと分かりにくさがありますが(このサークルさん、体験版だと毎回そんな感じもありますが…)
割と興味深そうな作品。

会話 ステータス謎のスタンド風ステータス画面

整理するなら、イジメで完全に鬱屈した少年が催眠能力を手に入れ、自分を虐めた女生徒たちに復讐するというストーリー、
基本的なシステムもいわゆる「ターゲットの居る場所に向かう」という古典的ADVの香りですが、心理バトルが独自な感じ。

心理ダンジョン心理ダンジョン=スタンドバトル…!?

まず催眠に対する防衛心理を破るべくスタンド…いや作品中ではスタンドゥとか訛ってますが…
ともかく心理世界へダイブ、ここはまさかのダンジョン風味で方向キーにて歩く擬似RPG風。
タイムリミットまでにターゲットの心のコアへ辿り着ければ、次のフェーズへ移行。

言葉催眠ぶっちゃけ女性にペニスやおまんこという隠語を言わせる、というフェチがやりたかったのでは…

次段階になると、数々の「感情」から言わせたい方面の言葉を選ぶ…という方式に。
分かりやすく図示こそされていませんが、女性の反応からも効果の大~小があることが窺え、どうやら指定の試行回数以内に、ベストな言葉選び(組み合わせ?)を探す、という感じのようです。

エロシーン1 エロシーン2

それまで成功すればエロシーンへ。

エロはさすがに潤沢というか、CG的にもテキスト的にも申し分無く。
エロテキストとしては、まだ堕ち切っていないのか僅かに命令を拒否してくる所を、「”先生として”保健の授業をお願いします」とか大義名分を言い含め、異常シチュに持ち込むじりじり感も見所でしょう。

その結果「人に相談するのに服も脱がないとは、なんて失礼な奴だ!」なんて常識改変となるのは、まさに催眠エロの嬉しさ。

ヤンキー会話

ちなみに体験版だと心の弱い子を脱がすだけでしたが、それ以上の行為ともなれば、足繁く通い、催眠を深めていく必要もありそう。
自分をイジメた主犯、憎きヤンキー女を倒すにはアイテムなどの下準備も重要そうで、他の子を催眠状態にしては「アイテムやお金を巻き上げる」とかも出来るようです。


”いつでもどこでも催眠エロ”になるとか、価格的にはまだまだ内容を隠していそうでもあり(追加パッチが恒例のサークルさんでもありますし)
盗撮を主眼とした過去作[自宅警備員]、寝取らせの[昼顔の観察]などに続き、
催眠エロがコンセプトの今回も、そういった形で追求するかあ…と唸らされる物がありました。

アクナキさんが攻略されています。