*この感想は[さたける]さんに書いて頂きました。

「魔法剣士アリサ」は著作権フリー素材オンリーながらも、エロ攻撃メインのラスボス戦+敗北エッチに特化し、短編ながら実用度が高い作品でした。
そんなアリサを開発したサークル「一鉄工房」さんが、製作期間2年を経て、再び著作権フリー素材オンリーを採用した謎解き中心の長編RPG「淫魔戦記マリカ」をリリースしました。

著作権フリー素材は有料エロ同人に対して需要はあるのか?プレイしてみました。

練りこまれたストーリー展開


淫魔に住民が襲われた2つの街だけがある小さな島。淫魔を調査・退治するために3人の退魔師見習い少女と師匠が訪れるところからゲームがはじまります。

主役はノベルゲーム風のオープニングから始まり、明るい雰囲気ではじまる物語。ちょっと間抜けだけど元気な赤毛の女の子、元気一杯で力持ちでツルペタな金髪の子、真面目な青い髪の子の退魔師見習い3人ですね。

主人公3人

主人公達が退魔師の力を島で発揮できるように島のエネルギーみたいなものを集める話が前半になります。
ミッションという形でゲームは進み、前半では各女の子達が島の地脈(退魔師の力みたいなもの)を集める事が主軸となります。

そこは島というミステリーサークル。順調なのに追い詰められているような違和感。辻褄が合わない町人の行動、手を抜かれているような淫魔の行動、etc...不思議な違和感が付きまといます。

「魔法剣士アリサ」でも見せたミスリードは「淫魔戦記マリカ」の中盤で本領発揮し物語は急展開します。ここで複数の複線を一気に回収、新たな事実が判明していくの、心臓がドキドキしました。

淫魔萌えなるジャンルっていいよね


物語後半になると主人公サイドだけでなく、淫魔3人に主軸を当てた話が語られます。
主人公達やムチムチでエロエロな淫魔の昔話、師匠と淫魔との関係など前半のギャグ重視ノリは控え目で、シリアス寄りな話が多く引くなります。和解するまでの過程を丁寧に描いており、淫魔がエロいだけでなく、だんだん可愛く見えてきます。

淫魔3人 ルル_コミカル ララ_コミカル

「初心者淫魔から割と本気で逃げる!!」 などとコンセプトが似てますね。第1部で主人公を搾り取ろうとする淫魔から逃げて、第二部は和解し淫魔とイチャイチャする物語でした。

ちなみに淫魔戦記マリカの淫魔は夢魔に近い存在です。淫魔の見せるエロは全て幻覚です。で、身体は清純処女、心はエロエロに落ちていく主人公達。まぁエロRPGの処女は奪われるためにあるわけで展開によっては現実で……。

処女喪失

エロRPGに戦闘っていらないよね


エロに無関係の戦闘、レベル上げ、装備購入などを省いたRPGってある意味エロRPGの理想で様々なサークルさんが工夫しているわけですが、本作はレベルアップ無し、装備無し、宝箱ドロップ無しです。RPG部分を徹底的に排除しているわけですな。

だけどノベルゲーにもしたくないわけで、各ミッションの謎を解いたり、島にある二つの街で町人と会話して雰囲気を楽しんだり。そういったRPGをしてる手触り感があります。

で、そうなると今度は謎解きめんどくさい……となるわけで。しかも謎解き要素、序盤はともかく後半はクリアさせる気がないのか?と疑問に思うほどの難問です。

淫魔戦記マリカは面倒臭さを無くすため、難問を解かなくてもよい仕様です。何度か間違うと淫魔にヤられてミッション失敗になるエッチイベントが展開します。失敗しても簡単な謎解きを解いていけば重要イベントはあまり見逃さなかったですね。ミッション失敗で淫魔に犯された後、淫魔にヤられた事実が残り、次のストーリーに進みます。

ラスボス戦で苦戦したり、淫乱エンディングを迎えたりするだけです。作者はこの展開を見てほしいから難問にしたのかも。全クリ後はミッションをやり直して改めて謎解きを楽しみます。製品版にはヒント集と回答集がテキストで用意されているので謎解きが嫌いでも安心。

堕落度


淫魔戦記マリカは戦闘中エロ、敗北エロがメインのRPGです。ストーリーや脱出ゲー要素は戦闘エロを盛り上げるために作ってます。(それにしては本格的ですが)

メインとなるシステムが堕落度です。普通のRPGだとHPが0になるとイってしまうのですが、3回まで全回復します。その変わり堕落度が1進行します。堕落度1(制服)、堕落度2(ブラ出し)、堕落度3(裸)、堕落度4(目がいっちゃう)状態の差分あり。でパーティーキャラ全員の堕落度が4になるとミッションが失敗します。

なお、ミッション毎に堕落度は全回復します。(フラグが残ってラスボス戦のエンディング分岐になりますが)
堕落度の進行によって敵のエロ攻撃が過激化します。

堕落度2 堕落度3
▲堕落度が変化する時はカットイン入りです。設定だと指輪が淫魔の攻撃から身を守る服装を作っている事になっており。堕落度が進化すると衣服が破けます。

強大な淫魔になすすべもなくヤられちゃう主人公


淫魔は理不尽なほど強大な敵。特定のボス戦を除いてエンカウントが発生した時点で逃げるしか対処法がありません。エンカウントしないようにするステルスゲーです。シンボルエンカウントですが、配慮されており避けるのは苦労しません。むしろ、負けるためにわざとぶつかったり。

一度エンカウントが始まるとザコなら簡単に逃走可能ですが、淫魔3姉妹に遭遇すると成功率が下がり(体感25%)、「逃げたい。だけど失敗して淫魔の攻撃で感じちゃう!」な状態を楽しめます。戦闘から逃走できる頃には堕落度も下がっている事が多いですね。

ファム レン

戦闘を積極的に行う部分が正反対ですが、戦闘エロに特化したRPG「Fallen Empire」と、やりたい事は似ている気がします。

表情差分・体位差分の無駄使い


淫魔戦記マリカは有料著作権フリー素材を使っています。で、フリー素材故の苦悩がどうしてもCG枚数が限られる事。

淫魔戦記マリカでの対処法ですが、元CGの部分拡大や角度変更などあらゆる加工を施して差分を増量しています。絵師さん雇ったらお金が〜、イラスト描いてたら時間が〜、でよく省略される部分だけど、これが著作権フリー素材の強みかな。作者は1,000枚以上の差分を作ったそうです。著作権フリー素材集はあらゆる状況に備えれるよう、表情差分などは豊富に用意されていますからね。

触手口淫

敵のエロ技1つ1つに専用のCG差分が各キャラにあります。また、それぞれのエロ技に対して堕落度で差分が変化します。1つの技発動中、動的に画像が変化する場合もあり、敵のエロ攻撃1種類に対して15〜20枚ほど差分を用意しているのではないでしょうか?

触手Lv2 触手Lv3
▲左画像が堕落度Lv2の時に触手攻撃を受けている時、右はLv3。キャラの服装だけでなく、表情のエロ度もLv3以降は高いですね。

もともと「一鉄工房」さん、エロテキストの雰囲気が良いんですよ。それに合わさって大量の差分を用意する事により、淫靡さに拍車がかかります。フリー素材である事が気にならないほど興奮できますね。
敗北エロのクライマックスシーンなどは。一文一文で差分が切り替わるほどの気合の入れようです。
フリー絵でここまで表現できるあたり、技術力は相当なものです。

バストホールド

ついでにストーリーのノベルパートのキャラもよく表情が変わります。

本編クリア後が本番?回想モードの充実


エンディングまでおよそ8時間。クリア後はおまけシナリオを見てしばらく余韻に浸っていました。
作者さん曰く「エンディングまでがおまけで回想モードが本番」。とにかく豪勢。CG・回想と擬似戦闘モードが搭載されています。

回想は単純なエロ回想だけでなく、重要なストーリーが全て閲覧できます。ストーリーも長編なので、ありがたい要素です。
これ、他のエロRPG作者も参考にして欲しいな。エロRPGのテンプレって前後のシチュが入らないエロ回想のみで、ゲーム本編よりエロ度が低くて使い物にならない場合があるよね......。

擬似戦は好きな淫魔戦を行え、淫魔の行動制御や堕落度の固定、主人公達のステータスなどを全て調整できます。淫魔の攻撃は好きなシチュエーションのみにして、主人公ステータスを弱体化で戦闘開始。

隷属の腕輪(自爆アイテム)で淫魔の攻撃オンリーになったら、あとは淫魔のエロ攻撃を見ているだけ。主人公達は堕落度がどんどん上がり、淫魔の技は過激なエッチ技に変化していく。
なんて遊びも自在のまま。

サブキャラ
▲主人公達の師匠。脇役もいいキャラしてます。