PornFactory
PornFactory[ポンズラボ]
*この感想は [さたける]さんに書いて頂きました。

Sugar Starとポンズラボの共作第6弾は、農作業をメインとしながらも様々なミニゲームを楽しめるスローライフ系のゲームです。同じくスローライフ系はSugar StarとWLCソフトの共作「EGG WORLD」としてもリリースしています。システム的に一部共通点があるものの、似て非なるゲームです。

一番大きな点は一続きになった大きな世界を動くオープンワールド的なゲームであるか、一つの町で完結する小じんまりしたゲームであるかです。EGG WORLDの適度なマップがある中でのスローライフも面白いのですが、PORN FACTORYみたいに小さいながらイベントが固まっているゲームは別の面白味があります。

プロのガーデナーは冒険も釣りも料理もするのだ


主人公は執事兼お供の精霊と共にローズタウンに辿り着きました。町の雰囲気は相変わらずのsugar star色が強くてのほほ〜んとした雰囲気が漂っています。ここで領主からガーデナーなる仕事をもらい、畑と家を貰えることに。彼女はせっせと畑を耕すことになります。

メインストーリーは領主から依頼を貰い、達成することで進みます。主人公はガーデナーなので、全て畑仕事にかかわる内容で、主に薔薇の納品を依頼されます。

2
▲お供の執事と共にガーデニング

薔薇を植える一連の作業ですが、まず町の花屋さんで種を購入、購入した種を自宅畑に植えます。そしてくわでしっかり場を耕してから種を植え、雨の日以外は毎日ジョウロで水分補給、これを毎日繰り返すと薔薇が咲きます。その薔薇を提出すると次のお題になります。

提出のたびに求められる基準が高くなり、よい品質の薔薇が欲しいとなれば花屋さんで肥料関係を購入して咲き切る前に薔薇に与え、新しい品種の薔薇が欲しいとなれば収穫した異なる薔薇を元に種を交配して新たな種を発見します。これらを繰り返すと途中から品評会へ参加し優勝を狙うことになります。

畑1 畑2 畑品評会
▲畑を改良してよい薔薇を作ろう〜。野菜を育てて寄り道するのもいいかも。

クリア目標は以上ですが、これを日数制で管理します。種植え、水やりなど畑仕事全てに関わることで時間が流れ、昼・夕方・夜と画面が変わりながら一定数の行動を行うと翌日に。また、時間が流れる行動は全て精力を消費し、精力がなくなると体力も消費します。そして体力0でダウンして強制的に翌日に。

基本的なメインはこれだけですが、これに関連する様々な独立したミニゲームが用意してあり、プレイヤーは畑仕事の合間に好きなことをするのが本作の楽しみ方です。

銭湯 料理道具
▲左は男湯に入れるようになるイベント、右は新たな料理製作に必要な道具が購入できるようになるイベント。段階的にサブイベントやミニゲームが解放されていきます。実際はオープンワールドに似て、好きなことをできるように設計されていますが、導入は親切ですね。

畑仕事の快適化
クワやジョウロは初期のままだと何回も耕し、毎日1つ1つの種に水を撒いてあげなければなりません。グレードアップすることで、まとめて水撒き、1回耕すと開墾といった具合に便利になります。

放牧
畑の隣には動物を飼う場があります。とある場所で牛や鶏を購入することができ、毎日餌をあげる必要がありますが、毎日卵や牛乳を入手できるようになります。毎日話しかけると、愛情度が増えるような演出も。

動物

釣り
釣り場でビックリマークが出たら決定ボタンを押す簡易的なものですが、魚が釣れます。

釣り

料理
道具屋で仕入れたり、花屋で薔薇以外の種を購入して畑で育てたり、そして釣りや放牧で得た材料を使って料理ができます。作った料理は攻略キャラにプレゼントして好感度を上げたり、売却したり。料理の数はかなり多いので、チマチマとコンプリートするのも楽しみの一つですね。私の場合は途中で諦めてしまいましたが。

料理 アイテム
▲料理やアイテムは最初から入手・製作できる一覧があります。

冒険
自宅近くの森とダンジョンで冒険ができます。モンスターとの戦闘はカスタマイズしたシステム。数マップの簡易的なこのユルさが、いい感じで気軽に楽しめる一因になっています。

冒険1 冒険2
▲装備は道具屋、スキルは後述エリンちゃんから購入。クラフト系ゲームはレベルよりもお金が大事。

他にもちまちまと冒険者ギルドでアルバイトができます。

このように、メインイベントを進める片道にいくつもの小さなミニゲームが相互に作用して資金を貯めたり料理や種のコンプリート化するスローライフさが本作の魅力です。特に冒険ダンジョンは敵の攻撃力が高いため、他の方法で資金を稼いで装備を購入してから参戦し、放牧やアルバイトで稼いでから畑仕事を快適化し、メインイベントを進めるといったようにイベントの進め方を考えるのも面白いかもしれません。

モブ男とのエッチで元気モリモリになる女の子


行動に必須な精力は、お供の執事(精霊)が1日に1度だけ回復してくれます。しかし、足りなくなった場合は......という理由で他の精力回復方法が提示されます。それが吸精。つまりエッチです。吸精が可能になると町の中には……の吹き出しマークが付いているモブキャラが増加。彼らに話しかけることで郊外にあるヤリ部屋に誘いエッチが可能になります。

関係上は男性に「エッチをお願いする」立場のため、男性のして欲しいことを素直に聞くことになります。相手は全員おじさん、お兄さんなどNPCで一夜限りの割り切り関係です。雰囲気は風俗のお客と嬢の関係が一番しっくりくるかも。男の質がいいのか、無体を働く、強引にプレイするような変な男もいないし、会話も優しめで知らない男の人だけど悪い人じゃないという印象が強くでています。

最初はエッチできるNPCも数人しかいません。だけどエッチ回数をフラグとして数人以上になるたびに、「エッチな娘がいる」と噂が広がりエッチ目当ての住人が移住してきて……吹き出しキャラが増えます。彼らに話しかけると新たなエッチに。

初めは戸惑っており男性にリードされて全身愛撫されるような男性上位が目立っていましたが、前立腺マッサージ、(男の)乳首舐めみたいな責めシチュ、騎乗位、背面騎乗位などの女性上位シチュや3Pなどが増えていきます。シチュ内容の変化と共に、主人公も序盤は慣れない奉仕で戸惑いながら、それでも未知の快感を知り、慣れてくると一緒にエッチを楽しむ余裕がでてきます。

なんとなく、主人公も淫乱になっている気がするのですが、「なんとなく」がポイントでエロRPG特有ので大きな変化はなく、「ちょっと積極的」、「ちょっと感じやすくなっている」程度なのですがそれでも何か変わっています。知らないうちに序盤と比べると淫乱になったなーと。ある意味、エロRPG特有の明らかに淫乱と分かる淫乱ではなく、現実感がある淫乱さです。

ポーラエッチ2 ポーラエッチ3

また、戦闘でも精力が低くなると特定モンスター(計5匹)相手にエッチをすることもできます。

戦闘エッチ1 戦闘エッチ2

メイン女キャラと愛情を深めてのレズエッチ、あれ?メイン男は?


メインコンテンツ以上に存在感を出す一番大きなサブコンテンツは町に住む様々なキャラとの交流でしょう。メインストーリーに関わる領主、ワイルドな格好の農牧主、弱気な花屋のお兄さんなど男キャラ以外に、領主の娘、主人公を間違った解釈で崇拝する妹キャラ的冒険者など女キャラなどローズタウンにはキャラが沢山。

キャラ1 キャラ2 キャラ3

毎日、ランダムな遭遇イベントやプレゼントで愛情度が上がります。愛情度が一定以上になってから各キャラと話しかけると、キャラに則したミニ会話イベントが。それぞれのキャラは悩みや苦労を持っており、主人公と接するうちにそれらを解決する内容の話が愛情度の度合いによって進行し、最後は円満解決のようなポジティブな話になります。

例えば領主の娘の場合は、主人公相手にも高飛車で接してきます。ところが話すうちに友達が少ないことがわかり、そんな彼女も好意を向けてくれる主人公が気になり......とどんどん関係性が変化していきます。

オディール
▲典型的なツンデレお嬢様。デレるまで時間がかかるけど、テレたら破壊力が高いキャラ。

ベガ
▲男に言い寄られて困っているベガ。主人公には男のことで困っていると相談が出てきます。ゲーム上では牛や鶏を販売してくれるキャラとしても活躍。

難点を言うなら、立ち絵の変化のみで淡々と進行するため、ちょっと演出の面が薄かった気もします。一人一人が最終的に悩みを解決し主人公と仲良くなる展開そのものは良いのですが。

キャラによっては最終的にエッチまで発展。私が確認した限りだとエロ有りは女キャラのみで立ち絵ありの男性キャラとは清い関係のまま個別イベントが終了しました。主人公レズっ子。実はこれ、主人公が裏で不特定多数と交わっているって絶対に知らないだろうなーと、メイン男キャラに対する寝取られ物語を想像してしまいました。親友以上恋人一歩手前みたいな関係になってますし。

このサブキャラ関係で注目したいのは、Sugar Starとポンズラボ共作ゲーム「ちちうし物語」から、傭兵「エリン」とその相棒である「ナイトホーク」もサブキャラとして活躍すること。エッチをすることで得る精力を相棒に与えることで成り立っている関係です。ちちうし物語の頃は、まだ道徳心や羞恥心が残っていたエリンちゃんもPORN FACTORYでは割り切っていて、積極的にエッチをしています。相変わらず表情を出さず、淡々とした言葉遣いで事務的にエッチしながらも、だんだんとノってくると男を求めるようになります。内気な性格とエッチの積極さが混ざった感じ。

エリンエッチ0 エリンエッチ1 エリンエッチ2
▲この文章、エリンの性格を的確に表してして好きです。

ナイトホーク
▲エリンの相棒。アイツは主人公の相棒のこと。

エリンとナイトホークの関係が主人公と精霊の関係と同じため、性関連の先輩という側面も。実は主人公に吸精を教えたのはこのコンビです。さらに主人公が不特定多数の男とエッチする人数がフラグでコンビが時々主人公の家にやってきて、ナイトホーク「淫乱になったねー」執事「こら」というコントが行われ、ゲーム中では存在感が最も強いコンビです。

ポーラエッチ4 ポーラエッチ5

と、ここまで特徴を語ってきたのですが、ゲームの構造として一つ気になった点が。上記でも語っていますが、メインイベント・キャライベントとその他のコンテンツが分離しています。物語上は釣りや冒険、野菜を育てて素材を集めて料理し、それをサブキャラにプレゼントして愛情度を上げます。アルバイトで稼いで種や農具を購入します。吸精で精力を回復してもりもり仕事や冒険をします。

ただ、吸精をしなくても精力は十分にあり、プレゼントをしなくても遭遇イベントで愛情度が上がり、黙々と農業を行えば、必要無い薔薇を売って資金も溜まります。そのため、プレイヤーが冒険・料理などサブコンテンツを行う理由が見えにくくなっています。また、多くのコンテンツを用意したため、冒険マップは3,4程度など一部のサブコンテンツはリソースが不足しています。

おそらくローズタウンという明るい町で自由気ままに過ごして欲しいと考えて設計したゲームデザインだと思います。実際、一つの世界で釣り・冒険・料理と様々なことができる点は成功しています。ペナルティもないため、農業ほったらかしでエッチ三昧になっても誰も怒りません。全魚を釣り上げて釣りマスターになっても良いでしょう。

そのため、最短日数クリアや料理全コンプリートなど目標があれば緊張感が生まれ楽しく遊べるゲームだと思います。また、リソースが十分に用意されている農業、料理、吸精に面白さを見出せるかどうかは一つの購入のポイントです。この部分を1つでも楽しめるなら、他のコンテンツは良い感じにスパイスを与えてくれます。

クリアまで4時間(メインクリア〜各キャラ個別エンド)ほど、回想25、CG30枚。基本的に作業スルメゲーなので、黙々と作業しながらだんだんと育てることが好きな方用のゲームです。今回は(資金を除いて)レベルなど延々と上限がない項目は省いて、キャラの愛情度、料理など上限があるやり込み要素がほとんどなのでコンプリート好きさんにも。