NANASHI FANTASY

RPG, R18夏のアダルト創作祭2017

夏のアダルトと創作際2017参加作品の感想を書いていこうという記事です。
感想一覧はこっち。

▲OPエロ

嫌がる処女が抵抗むなしくレイプされ、複数の男たちの手により輪姦調教、やがて性奴隷としてオークションに売り飛ばされる……
古今東西、どこかでのエロゲで見たような展開がOPで語られ、そしてこの陵辱劇は実は”悪夢”であり、主人公は夢魔が見せる悪夢の中に潜り込み、そこに囚われた少女たちを救い出す為に戦う巫女である……! という勇壮な出だしからスタートです。

▲踊り子っぽい格好がそそりますね……、やわらかな肢体に慎ましい乳房。うむ。

という事で本編開始するとそこはもう夢の中、一本道を進むとどうやらここにも悪夢に心を奪われたと思しき少女が。
今助けてあげるからね……と手を差し伸べた直後、完全に悪堕ちしていた少女がとつじょ襲ってきてバトルへ。

戦いに敗北するとエロシーンへ、
まさに夢魔の思いのままの世界である事を象徴するように女性はふたなり化し主人公にインサート、しかも主人公は挿入で即絶頂を迎えるほど感度を弄られてるというシチュ。
(まさに逃げようの無い支配下、夢世界のエロスってあるよね)

▲負ければエロ

ビジュアル的にも拘束→押し倒して挿入→堕ち後の完敗宣言という3枚を用意し、この種の定番を抑えていると言えます。
(あえて言えば挿入や射精みたいな差分絵が少ないこと、堕ちまでが駆け足で、いかにも通り一遍ぽい描写になってるのが寂しい所でしょうか……。
OPのエロはかなり興奮したので、単純に描写の長さの問題かも知れません)

逆にその戦闘に勝てば無事に先へ。
一本道を少し行くと、数多くのヒロイン達が囚われた監獄が。
そしてその中で一番目に付く一人は、あろう事か”自分の姿”である様で……。

うおお、夢世界だから色んなシチュに飛びまくってもOKだし(シェアゲームなら[風紀剣士アサギ]の終盤辺りにもこういう夢世界ありましたね、この作品もある意味かなり”美少女が犯されちゃうゲーム”の嗜好にマッチした作品だと思います)
これから一体どういうエロスが待つんだ、
先の戦闘よろしくボス戦オンリーなら、戦い前のカスタムみたいなゲーム性もありだぞ(踊り子っぽい恰好なのが、色々と戦い方の妄想も弾む)
とテンションがMAXになった所で、このバージョンはここで終了。
プレイ5分くらいでしょうか……


本作は

ナナシ作品のヒロイン達が夢の共演!

と説明文にあったり(詳しくは知りませんが、VIP夏の陣でいう所のRTPキャラみたいな物でしょうか?)
OPの前にも

はじめて「美少女が主人公で犯られちゃうゲーム」をプレイする方と、全てのファンの為に――

と記されている事からも、恐らくですが寓意的というか、ゲーム内ゲームみたいに、美少女堕ちのお約束をなぞりつつも、常にその一段上の視点……つまり「我々の」視点がある作品なのではないかな、と感じました。
(つまり正体が明かされていない夢魔とは……?)

非常にコンテストらしい作品であり、それだけにもうちょっと先までプレイしたかった……という気持ちも無きにしもあらずですが、これは「2018年(来年)のコンテストではどこまで進んでるのか期待」と待つのが正しい姿勢なのかも知れませんね。