魂魄妖夢と淫妖の洞窟 (製品版)

ACT, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

やり込み要素が凄いアクションゲーム Hアニメの差分の細かさが凄い!

▲敵を利用して跳ねてみたり、敵の頭上に急降下して倒してみたり。とにかく気持ちいい操作性が魅力。

第N本舗さんの「魂魄妖夢と淫妖の洞窟」の感想です。
本作は東方二次創作作品にして、ジャンプアクションと探索を軸とした横スクロールアクションゲーム。
トロッコや金網など様々な仕掛けを利用しつつ、あらゆる場所を縦横無尽に駆け回る!
ゴールに到達するだけなら簡単。しかし、ステージ中にはやり込み要素として様々な隠しアイテムが存在。いざコンプリートするとなると、一気に時間が吸われてしまう作品となっております。
主人公・魂魄妖夢ちゃんの操作性、探索にも関わってくるギミックの数々。
やればやるほど拘りが感じられて挑戦心を煽られる本作ですが、エロ方面でも驚くほどの拘りを見せているのが特徴的。
エロシーンは全編アニメーションながら、敵に倒されて陵辱されることで起こる性的開発の状況が反映される、という驚きのシステムを搭載。
最初はぴっちりと閉じた処女おまんこが、陵辱されまくった末にガバガバになるなど、徐々に変わっていく妖夢ちゃんの身体や反応がとてもエロい作品となっておりますよ!

ギミック溢れたステージを突き進め 拘り抜かれた操作性にも要注目

ストーリーとしては、

洞窟に住み着いた妖怪を退治するために出かけた妖夢ちゃん。
斬れぬものなどあんまり無い楼観剣と白楼剣を使ってバッサバッサと退治している最中、突然謎のピンクの霧に包まれ、意識を失ってしまいます。
気が付けば、洞窟の深い場所に落ちてしまっている上に、楼観剣と白楼剣が無くなっていて大焦り。
主人である幽々子さんに怒られないためにも、楼観剣と白楼剣探しの旅が始まるのでした。

という感じ。

アクションゲームとしては、リスペクト元として「スーパーマリオワールド」がありながらも、剣での斬って倒す妖夢ちゃん要素も加えられた独自のもの。
それにプラスして、ヨッシーアイランド的なアイテム探索&収集要素も加わりまして、非常にやり込みがいのあるゲームとなっております。
「スイッチを踏んで橋を出現させる」「トロッコやリフトを乗り継いでステージを進めていく」など、ステージギミックも様々。
時には、「容赦なく押し寄せてくる溶岩にハラハラしながらアイテムを探す」というスリリングな展開も用意されていて、退屈なステージは一つたりともありません。
ステージギミックを試しながら遊んだりしているうち、ごく自然に本作のゲーム通貨である「点符」やアイテムを発見できるので、思わずワクワクとステージ中を探索したくなる。
そんな非常に考え抜かれたステージデザインも特徴的なゲームとなっております。

そんな探索したい気持ちを支えるのが、アクションゲームとしての操作性。
本作では、攻撃・ジャンプ・ダッシュの3つのボタンで操作を行います。
ウディタ製ということでは、最近こそ「アユラクライシス!」などが出たものの、あちらは格闘アクションを主軸としたものでした。
同じくウディタ製である本作。流石にジャンプアクションをメインとするのはかなり厳しいのでは……と思いきや、ジャンプやダッシュなどの挙動が非常に素直で、思ったところにダダダッと走って、ジャンプをしたら思ったところにピタッと止まってくれます。
それ故に「ただキャラを動かしているだけでも気持ちいい」、そんな楽しさを生み出していてサイコーなのです。
また、攻撃ボタンを押しながらジャンプ攻撃をすることで、敵に攻撃を与えながらぴょんぴょんと何度も飛び跳ねることが出来るなど、「普通に倒した方が安全なんだけど、やってて楽しいからついついやっちゃう」みたいな動きが出来るのもナイスです。

あくまで個人的な考えですが、ジャンプをメインとしたアクションにおいては、「思わず無意味にジャンプしてしまいたくなる」というようなワクワク感こそがミソだと思っております。
それを、拘りを感じるジャンプの挙動&ステージデザインを持って成し遂げた本作は、本当に凄い作品だと感じました。
上にあるプレイ動画を見てもらうだけでも「ウディタ製でここまでのジャンプアクションができるのか!」と驚いていただけることでしょう。
また、マリオ系のゲームをやろうとすると、いくらゲームパッドで操作性が良くとも、キーボードではどうしても「ダッシュジャンプの飛距離調整」は非常に難しく、一種の鬼門となっております。
凄く些細な部分ではあるのですが、その鬼門を「ジャンプ後でもダッシュボタンで飛距離を微調整できる」という仕様にすることでフォローを行っており、ジャンプの挙動に関して本当にこだわってるなぁ……と感嘆しました。

本作の各ステージは、「マッピングをした方がいいのかも?」と素で考えてしまうほどに広大。
それにも関わらず、ステージ数は(現在確認した限りでは)34ステージにも及びます。
言い過ぎかもしれませんが、5ステージも本気で探索すれば、ちょっとした同人の探索アクションゲームをクリアした気分に浸れるほどです。
体験版が無い関係で価格的に不安に思うかもしれませんが、ゲームボリューム的には満足できること間違いなし。数日どころか数週間単位で楽しめることでしょう。
何しろ、私が初めて34ステージ目をクリアしてエンディングに到達した時、エンディング画面にはクリア率が「52.42%」と表示されていて、思わず唖然としてしまったのですから……。

ゲームの核は「隠しアイテム」の探索 オールコンプリートまでの道のりは長い……

何故こんなにもクリア率が低くかったかと言いますと、本作のゲームとしての中核が、やり込み要素でもある「隠しアイテム収集」に置かれているからです。
隠しアイテムとしては、「鍵と扉」「赤点符」「白点符」がありまして、これらを集めることでクリア率はどんどん上がっていく仕組みになっています。
赤点符・白点符は通常よりも多く点符が貰えるため、是非ともゲットしたいところですが、全てを見つけるとなると数が多い上に巧妙な場所に隠されていることも多いので、後回しでも大丈夫。

本作での隠しアイテムで、最も簡単かつ重要視すべきなのは「鍵と扉」です。
それぞれ各ステージに1個ずつ配置されており、鍵を持ち運んで扉のところに行くことで、「きらきら光ってきれいなもの」を集めることができます。
そんなものを集めたところで何に役立つかは置いておくとして、様々なステージで「鍵だけは簡単に見つかる」「扉だけは簡単に見つかる」というケースが多く、探索欲を刺激させられることでしょう。
また、ステージ(恐らく名前が「●」から始まるステージ)によっては、隠しゴールも存在します。
こちらは見つけださないと、そもそも遊べないステージが出てきてしまうので必死に探しましょう。
ちなみに、序盤の隠しゴールだからと思って甘く見てると、あまりの見つからなさに「どうして!?」と大焦りするハメになるぞ!

軽く探索に関するヒントと言いますか、大体こういう探し方をすると見つけやすいという経験則を挙げますと、

・「上」をとにかく意識する
・ジャンプ台など持ち歩ける物があったら、手放さないといけなくなるまでとりあえず持っておく
・大砲があったら、とりあえず真上に飛んでみて周囲の様子を探る
・「水場がやたらと深い」「ジャンプで届かないところにアイテムがある」など、各ステージごとにメモをしておく
・ステージ2とステージ8は便利

と言った感じ。5つ目に関してはもっと便利なステージがあるかも?

色々なところを駆けまわったり、大砲やリフトなどを使ってあらぬところに行ってみたり。
ツルツルすべる床を利用し、加速度を付けてジャンプ!ワクワク感を刺激する隠しアイテムの取り方も沢山!
変則的なものとして、ステージを股にかけることで入手しやすくなる隠しアイテムなどもありますので、ただマッピングするだけでなく全力で脳みそをコネコネする必要があります。
自由度の高い試行錯誤、そして閃きによって隠しアイテムを見つけた時の気持ち良さはすごく中毒性がありますよ。

ある程度探索のコツを掴むと、「ちょっとだけ遊ぼうかなと起動したのに、いつの間にか2時間経ってた」(実体験)と言うことになったりします。
全ステージに中間セーブポイントが用意されていますし、探索で時間を盗まれぬよう気を付けましょう。
ちなみに、中間セーブの仕様を利用して処女クリアを目指すことも出来ますが、ゴール後などにワールドマップに戻ってしまうとオートセーブされてしまうので要注意です。

様々なアイテムを使って攻略だ アイテムを買う時のお金が足りない時は「体」を使って金稼ぎ!?

さて、1ステージ1ステージ長丁場になりやすい探索を行うにあたっては、様々な攻略用のアイテムの手を借りることになります。
というより、そもそも初期段階では妖夢ちゃんは刀を落としてしまったこともあり、攻撃手段がないので刀を購入するところからスタートです。
そこでまずは、近くにある「妖怪の酒場」でボロの刀を買いつつも、回復薬など攻略に有用なアイテムを吟味することになります。
本作は、体力制かつ即死トラップが無い代わり、減少した体力が次のステージに持ち越されるシステムであるため、回復薬がらみは超重要。
粗悪品で感度が上がってしまう「安い回復薬」、デメリットの無い「高級回復薬」ともにかなりお世話になることでしょう。

他にも、ワールドマップにある岩を破壊できるアイテムや、苦手なステージを飛ばすことが出来るアイテム。
そして、水中を泳げるようになる水着や、ジャンプ力が上がるバニースーツなど、ゲーム攻略が楽になったりするアイテムが多々登場します。
妖怪の酒場には「レアアイテム」という概念があり、これらの強力であったり重要だったりするアイテムはランダムで陳列。
ある程度点符を貯めた上で、レアアイテムが陳列されるまで酒場を出入りしたりするのがオススメです。
他にも、ゲームパートで「ペイッ」というSEと共に突然現れるUFOに触れたり、ワールドマップ上に現れるスライムを倒したりすることでアイテムを入手することもあります。
入手できるアイテム自体は酒場で売っているものですが、たまにレアアイテムもゲットできるので、ステージ中に隠れているUFOを探してみるのも一興でしょう。

個人的には、様々なアイテムがある中でも「ハートのビン」というアイテムがかなり興味深く感じました。
体力制のゲームだと、体力が満タンな時に体力アイテムを見ると残念な気持ちになってしまうところ。
しかし、このハートのビンは「体力満タン時に回復アイテムを取ると、その分の体力をストックすることができる」という効果を持ちます。
地味なアイテムながらも、探索要素が強い本作においては「敵の攻撃を食らってもストレスなく探索できる」ということで、本作のゲーム性と見事にマッチしたアイテムだと思います。
ちなみに、体力の最大値はステージ中にある「灰色のハート」を入手することで増やすことが出来ます。
最大値が低いと探索に支障をきたしますし、灰色のハートもステージ踏破しながら普通に見つけられるぐらいには簡単な場所にありますので、一旦全ステージをクリアして体力を増やしてから探索に挑むのがオススメです。

さて、本作ではまず酒場で売っている最弱武器「ボロの刀」を使ってステージ攻略を行い、点符をかき集めながら徐々に武器をグレードアップさせていくのが通常の流れとなっています。
ただ、チュートリアルで使っていた楼観剣と白楼剣ではあらゆる敵を一刀両断していたのに対し、ボロの刀はその名の通り攻撃力が低くストレスが溜まりがち。
敵に倒されても陵辱される以外はデメリットはないものの、ミスしてしまうことはやはりアクションゲーマーとしては悔しいものです。
要するに、ゲーム内通貨である点符さえ集めれば武器をサクサクとグレードアップできるのですから、もっと簡単で手軽に点符を入手できる方法はないだろうかと考えることでしょう。

本作には、点符を賭けて早押し勝負をするいわゆる「刹那の見切り」的なミニゲームが用意されていますが、序盤では全く実入りがよくない上に、集中力の持続なども必要。下手するとドライアイになってしまいます。
それならば、「体を使って仕事をする」方が手っ取り早い。

そう、本作のエロシーンの一つにして、妖怪の酒場で行える「売春」です。
無垢な妖夢ちゃんは最初力仕事だと勘違いしていますが、実際にどの仕事をするか選ぶことによって、色々なことを学ぶこととなります。
しかし、実際に用意されているのは「おむねコース」や「おくち、果ては「せいじょういコース」などエッチなものばかり。
初々しいご奉仕姿を見ながら、早いうちに武器のグレードアップをしておくと、色々な意味でも捗ることでしょう。

陵辱で開発された身体を細かい差分で描くHアニメ 様々なコスも用意されていたりと拘りがすごい

というわけで、ここからはエロシーンのお話。
本作のエロシーンは、酒場での売春、アクションシーンで敵に倒されることによって起こる陵辱、そしてエンディングの3種類。
全てHアニメーションになっておりまして、シチュエーションも様々なものが用意されております。
……が、単にシチュエーションが多いだけではありません。
様々な部位が性的に「開発」されていき、徐々に淫らになっていく身体がHアニメにダイレクトに反映される。そんな凄い要素が本作にはあるのです!

実際に例を見てみましょう。
メニューから見ることが出来る「ステータス」には、アクションゲームらしからぬ細かい数値が表示されます。

最初こそ処女な妖夢ちゃんですが、敵に陵辱されることでステータスが変動。
大体はおまんこやアナルが狙われやすいので、普通にプレイしていると数値に偏りが出てしまいがちではありますが、

倒される敵を選ぶなどの工夫することによって、あらゆる部位を開発しまくることができます。
ちなみに状態の「着床」は、私が知らぬ間になっていて気付いた時にビックリしました。一体どの敵の子を孕んだんだろう。
では、処女状態での妖夢ちゃんと、開発されまくった妖夢ちゃんが「ゴブリンにやられた時」の差を見てみましょう。

貞操を守った状態ですと、ぴったりと割れ目が閉じている状態でのクリ責め。
その一方で、陵辱されまくって色々な部位のステータスを上げまくった場合、ガバガバとしか言いようがないおまんこやアナルをお披露目するハメになってしまいます。

もちろんこちらは極端な例。実際にはステータスに応じて、細かく差分が変わっていくのです。
Hアニメへの反映だけではなく、処女を奪われ膜が破られた際にはちゃんと出血し痛がるなど、妖夢ちゃんの反応自体が変わることも。
「次のHアニメはどのようになるのだろう」という楽しみはもちろん、わざと敗北させることでまるでプレイヤー自身が妖夢ちゃんを調教しているかのような、どこか背徳感のある淫靡な気持ちに浸ることができることでしょう。

また、ゲーム攻略のために役立つアイテムとして「水着」や「バニースーツ」を挙げましたが、こちらもHアニメに反映されます。
「ステータスがHアニメに反映される」という本作ですから、コスチュームでHアニメが変わるのも納得だよなぁ……と一瞬考えましたが、感覚が完全に麻痺していました。
つまるところ、「ステータス差分+コスチューム差分」を用意しているということなのです。枚挙にいとまがない本作の差分への凝りっぷりには脱帽するしかありません。
陵辱される敵やコスチューム、アイテムの組み合わせによっては、かなりのフェティシズムを感じさせる絵面になったりしますので、様々な組み合わせを試してみましょう。

登場する敵は妖怪というよりは、ゴブリンやスライムなどファンタジー系な敵キャラがメインです。
ステージによっては侵入者を排除するために作られた機械と戦う場面もあり、負ければもれなく機械姦。
他にも、触手や淫魔による責めや、ちょっとした丸呑み的なシチュエーションもあったりします。
敵の種類自体はそこまで多くないのですが、その代わり「敵からの倒され方」によってHアニメが変化する、というのも本作の特徴。
オークの場合は、接触して倒された場合は駅弁ファック、殴られて倒された時はバックからのアナル責め、と言った感じです。
色々なHアニメが見られるだけでなく、それぞれ開発される部位が異なりますので、倒され方次第では「おまんこは無事だけどアナルはガバガバ」な妖夢ちゃんにになったりもします。
前述しましたが、普通にプレイしているとどうしても開発されづらい部位がありますので、「どの敵にどのように倒されればいいか」を覚えておくと、本作の売りである「徐々に身体が開発されていく様子」がより堪能できると思います。
アクションパートでのHアニメはスキップできるので、ゲームのテンポも開発のテンポもサクサクだぞ!

ちなみに、本作は回想モードが無いと言いますか、メニューの「思い出」を選択するだけで、

このように、ずらーっと今まで見てきたエロシーンが表示され、選択することで陵辱・売春ともに見ることが出来ます。
サムネイルが小さい関係で、「どの思い出がどのHシーンに対応しているか」が微妙に分かりづらいところはありますが、手軽に抜きたい時には本当に助かる機能です。

惜しい点……というより、個人的に「もしかして」と思っているところなのですが、知らぬ間に状態が着床になっているにも関わらず、一向に産んだりする気配が無いんですよね。
本作はマルチエンディング制になっておりまして、ただクリアするだけではバッドエンドにしかいけません。
他のエンディングに行くためにはとある条件を満たさないといけないのですが、その条件自体がかなり厳しいものになっているのではないか、と感じています。
ネタバレなので完全な条件自体は書きませんが、それは前述したリスペクト元にある「クリアは簡単にさせる。でもそこからのやり込み要素は地獄だぞ」を地で行くもの。
矢印看板などルートを誘導するオブジェクトはあるものの、配置されているステージの方が少ない本作では、点符頼りに探索しなければなりません。
その上で、同じステージ内で似通った箇所が存在するという状況になっているため、どうしてもマッピングを意識するような迷いやすさを感じてしまいます。

「別ステージにジャンプ台などを持ち運べる」など探索要素をより深くするシステムは、ゲームのやり込み要素としては非常にボリューミーですし、攻略法を閃いた瞬間の快感はたまらないものがあります。
ただ、攻略情報の無い現状では、その壁の高さから「本作のエロの全てを見ることが出来ない」人が発生しているのではないか、と感じました。
攻略情報やクリア率100%のセーブデータ配布は、ゲームとしては完全に野暮なので仕方が無いところではありますが……。

ゲーム性重視!探索での閃きが心地よい一作 徐々に淫らな身体になっていくHアニメもたまらない

というわけで、「魂魄妖夢と淫妖の洞窟」の感想でございました。
ウディタ製でありながら、アクションゲームとしての操作性・ゲーム性ともにバッチリで、ステージ探索の面白さや、思わず無意味にジャンプしてしまうようなワクワク感が魅力的。
広大なステージの中での隠しアイテム探索は、アイテム入手法を閃いた時の快感もあり、ゲームの核としてもやり込み要素としても、非常に素晴らしいものとなっておりました。
クリア率100%を目指そうとするならば、間違いなく数週間。下手すると数か月間遊べる逸品だと思います。

エロに関しても、陵辱されることで様々な個所が開発され、それに応じてHアニメが変わっていくというシステムが、非常に新鮮で素晴らしいと感じました。
やろうと思えば、どの敵に倒されるかでステータスを調整して、自分だけのエロい妖夢ちゃんが育成できる、というのも面白いところ。
ゲームパートで用いているコスチュームが、Hアニメにそのまま反映されるというのも非常に凝っており、「バニースーツ×眼鏡」なんてもうフェチもりもりな絵面を見ることができるのもたまりません。
一方で前述した通り、「ゲーム性を重視しすぎて、全てのエロ要素が楽しみづらくなっているのではないか」という疑念があるのも事実。
現在進行形で攻略しておりますので、こちらについては何か分かりましたら感想の追記を行うかもしれません。
もちろん、もしエンディング絡みのエロ要素を見逃していたとしても、売春や陵辱のHアニメの時点でエロいので十分満足できるものだと思います。

アクションゲームとしての出来やボリュームは折り紙付き。エロに関しても非常に凝っていて、抜きまくれること間違いなしです。
体験版が無い本作ではありますが、過去作や上にある動画を見て面白そう!と思ったならば、間違いなく「買い」な作品です。