歴史と文化と語る事と 今週のまとめvol.240

今週の作品まとめ

今週のまとめ

今週(5/28~6/3)の人気だった記事は
1位


2位


3位


4位


5位

1,2,3位は売れ筋の作品ですね。
1位から、露出高いねえさんがジャングルで他組織ゲリラと交戦しながら進むのだ、ってなミリタリー風味のアクションアドベンチャー、
ロリぽい天才美少女へのひたすら羞恥な追い詰め方に執念さえ感じるミニRPG、
[ゼヴェンの孕姫]の作者さんがツィッターで気に入っておられまして、ああ確かに嗜好的に同じ所、あるっ! って思いました)
そして様々な遊びの引き出しを持つオープンワールド的な女主人公エロRPGであり、またスピンオフ作品としても過去作を踏まえると、よりここに至るまでの意味をぐっと噛み締められそうな作品。

4,5位は興味深い作品ですね。
[YUKA FANTASY]は他に比べるとマイナーな地位かと思うんですが、戦闘のPS1時代の3DRPGぽい感触やUIグラ等も含めて、非ツクール製なんですが、意外にしっかりRPGシステムしてる……と驚いたものです。
女性への股間攻撃というニッチ性癖でもある……。
(ところで、さたけるさんの 

・戦闘は3D空間上で行われ、FF7のような動きをします
・ツクール製エロRPG「リムの少女ルディア~性なる力を持つ者~」の戦闘と同じ手法です。

ってパッと出てくるの、マジで凄いなと……(特に売れた訳でもない、約4年前の作品ですよ))

5位[魔王VS巨乳兵団]は立ち塞がる巨乳軍団を戦闘で一人倒すごとにファック、という分かり易さ。
乱れ飛ぶおっぱい。全体攻撃魔法なんか使っちゃったらもう大変である。
安め価格という事もあってか、評価も結構高いんですね……

ほか、このPVランキングに入らなかった記事でも

は売れ筋ですよね。
前作1万超えのやり込みRPG、第二弾!(というか現時点のDL数の勢いさえ半端ない)
キャラの可愛さの刺激を受け、やり込みで。
ダラダラ遊びたくなりますねえ……、自分も体験版で1時間30分掛かっておりましたが、製品版への引き継ぎがあるのも安心か。

あと興味深いものとしては、

これ、今週の中で一番の「めっけもの」感がしましたね……、
易し過ぎないローグライクがなかなか楽しく、この系統で自分が一番好きなところである「持ち帰ったアイテムでお店(この場合は村)が大きくなる」をやってくれてるのも良かった。
しかも村に防衛施設を建てて、他国からの侵略を迎え撃つ……!?
サークル的に……そんなゲーム性広げて大丈夫かと心配になったのですが、体験版の感触はなかなか良かったですねえ……

かっこいい女騎士がふたなりチンポを弄られるとすぐ言いなりに、んほぉっ(どぴゅ)してしまうという作品。
欲しかった奴だ! 欲しかったのをミニエロRPGの形態でさっくり楽しめるんだ! わーい

毎回、厨二だったり痛快だったりのストーリーラインを得意とされるサークルさん……ってイメージですかね、
今回は生徒同士の殺し合いが許される一年間の学校生活で、アウトサイダーたる俺が女の子たちに目を掛けたり守るぜ、ってな気持ちいい読み物の楽しみが味わえそうでした。
戦闘がほぼ数回ってレベルらしく、よりADVに近くなったみたいですが、ある意味でなろう系? の需要に特化してるのかなぁと……

記事にしなかった物としては、

[Monstown!second season~魔王カエン討伐記~]

体験版無いのでどうとも言えませんが、カードゲーム+すごろく……、気になる。
なにげにスゴロクって底が浅そうで、考えるほどテーブルトーク、すなわちRPGの源流に繋がったりして(あと多くの人にとって、初めて触れる「ゲーム」でもある……かな?)
煮詰め甲斐がある所だと思う。

それといつの間にか、

[Slave Matrix]

の体験版が登録されてたので遊びました。
なかなかILLでDOPEな感じ、ゲーム制作ツールではなく、独自なプログラム制作ぽいのもそれを煽る……。
ひたすら打ち続くおさわり調教と、親の遺伝情報などを引き継いで、特徴パーツが合成されて出現する人外娘たち。
鳥族に自分の遺伝情報(人間)を受け継がせるのだ! っと、孕ませてからの反応が楽しい。

あとあれです、

[リズベルのアトリエ]

が……販売停止に……。
ロリ規制ではなく、ロゴの元ネタ作品との被りが問題? とか言われてて(ロゴは商標に当たるから、とか)
それを修正したら発売できるかな、って所ですが、ガストって今はコーエーテクモなのよね……
テクモと言えばDOAの件が……と心配にはなる。

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

魔王城でつかまえて

前作[魔王城のベルリーナー]から5ヶ月弱、この作者さんだとむしろ「今回は遅めだな」となるのが恐ろしい。
ともかく今回もノンフィールドRPG、そして性癖的にはショタ逆レイプ……と、ふむふむー

愛する人が他の男にヤラれたり親友夫婦とスワッピングしたり嫁を他の男に抱かせるお話

スワッピングRPG!
前に、寝取られよりスワッピングの方がゲームに向きやすいのでは……とか前にも書いた気がしましたが、さてどんなシナリオになるでしょうか。

女神戦記フレア

これちょっと気になってまして、
[サモンズトライアングル]とか[セクシャルチェンジ レダ&イリス]とか、工夫を感じる遊べるシステムであったり正統派ストーリー、なかなか面白いなーという手応えを作れるサークルさんだと思っているんですが(やや地味な印象ですが、DLSiteレビューの「もっと知られるべき」という熱量が高い)
今度は横ACTなんですね。
さてどうなるか……

夏にはアクションゲームツクールMVという新ツールが来る訳ですし、今後エロアクションの製作例も増えるのでしょうかね。
(むしろアプリ型のエロかなあ)

他の方のブログ

うちに良い文章を感想寄稿して下さっていたさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

良い長文感想。
つまり長文であるが故に、ちゃんとこの作品の価値、妙味を説けてるなぁと思いました。
(例えば私のような)浅い解釈だと、この作品は恥辱エロだなとか、移動方法をギリギリまで簡易にして、ほとんどADVツールで作ったRPGみたいだな……
くらいになっちゃうのですが、
まず前振りで

エロコンテンツ中心でありながらノベルゲームのような選択のみのゲーム性にはなっていません。エロ好きな方がエロを突き詰めてたら自然と出来上がった簡易的ながら洗練されたシステムです

って口上で深みが。
続いて装備アイテムの仕様の解説もワンポイント的に面白さを感じやすくて、そうか、武具開発は単に攻防だけじゃなく最大HPも増える、こうなると採取にも活きて来るんだな……と。
そして勿論、過去作からの登場キャラに触れ、もう止めてっとなるような追い詰め恥辱エロにも触れてるのです。

DLチャンネルで、この作品の移動システムについて触れてる記事があって、いやこの形・システムだけなら[白濁に染まりし紋章]のサークルさんがフリゲ時代から……、かなり前からやっているよね、と言いたくなってたのですが(でもそれを書いて行くことは大事だと思う)
ここまで書くとそうか、と頷けたり。

音は文章の5倍、絵に至っては8倍のインパクトがあるらしい……というツイートを目にしたのですが、ではその時代にあって文章の価値はというと、読んだその人の中に長く留まり続けて、価値を新しく築ける、噛み締めるように分かる、そういう所だと思うんですね……