めらにーぶれいど (製品版)

ACT, R18製品版の感想

めらにーぶれいど
めらにーぶれいど[えりんぎとろサーモン] :DMMでも配信中

体験版プレイ

▲OP。おっぱいぱつぱつの可愛らしい女騎士が、「恥ずかしい性行為をしないとLVが上がらない」淫呪を受ける

▲いきなり風俗(犯されたい女性用)に行ってもお金が足りないので、城の周りの敵をちくちくと倒しましょうね

▲パステルなドットですが見栄えの良いアニメ。ハイドライドとか思い浮かべるでしょうが、案外慣性が効いた移動だったりします

▲あんまり遠出すると一気に囲まれて手も足も出なくなるので、距離を取りながら闘うのが大事

▲という事でお金が貯まったらLVアップ&全回復用に風俗へ。お前はドマゾだとばかり、激しくなじられながら犯されるエロアニメ

▲LVアップすると新しい技を習得、切り替えて戦えたりで割と遊べる。岩とか柵みたいなオブジェクトを壊せるのもワンポイント

▲そして段階エロへ……。エロACT、ドットアニメで段階エロは珍しく、セリフの過激化も良い感じ。

GameMaker製かな?
優れたエロ要素はジャンルを超えて採用されるべきものですから、エロACTとかも段階エロ採用されていくんですかねえ

製品版プレイ。プレイ1時間30分、クリア

何段かに分けて変化するゲームプレイの感覚。最後まで飽きずに、さっくり遊べました

▲ずっと広がるフィールド。樹とかもすぱすぱ切れたり、宝箱見付けたら色々な金銀財宝が飛び出てわーい

体験版では流れは掴めるものの、これの繰り返しだとちょっと単調になるんじゃないかなとか、製品版ではどこか目的地に向かうんだろうか……? などと思ったものですが、クリア目的は終始あくまでお金稼いで風俗エロを見る、というだけながら(エロを全てコンプした時点でラスボス)
ただし単調にならないよう、意外なほどゲームデザインが張り詰められていた、という印象でした。

一つに、やり込むにつれ各要素の意味が代わり、ゲームプレイ感覚が変わっていく……というのがあるかなと。
例えば「LVアップは一旦プールされて、体力回復がてら風俗を利用しないと上がらない」という仕様にしても、最初は敵に距離を詰められただけで致命傷を喰らうバランス、ゆえにプールされたらすぐさま戻ってレベル反映だ……と慎重に進めていたのが、3つめの必殺技「回転切り」を覚える頃には一変。
この頃のレベルなら今までのザコは大体一撃で倒せるようになってるし、この必殺技は円状に周りを切れるし……で、つまり「その辺をうろうろして、追っかけて来た敵をまとめて一網打尽」というプレイイングが可能に。
敵の一群を蹴散らすごとにレベルアップみたいなテンポで進み、かなり爽快になるのでした。

そうなるとだいぶ拠点から遠出も出来るようになり、LVのプールもまあ1つごとに戻るのも面倒臭いかあ、なんて思うようになるんですね。
ゲームオーバーになるとプールしていたLVがリセットされちゃうという仕様なので、
遠出をするに従って失うリスクは大きくなる(でもけして重すぎないペナルティ)みたいな良い設計がされていたと思います。

▲敵を掻き集めてから回転切りで一蹴。飛び散るお金!

▲いつも通り樹を切ろうとしたら、おばけ樹だ。巨大なサイズの強敵

反面、この頃になると己の強さを過信する時期、この広いフィールドがどこまで続いてるんだろーと知りたくなるので、がーーっと進んでたら、おばけ樹みたいな巨大敵・ワープして来て一撃が超強いオークみたいのに遭遇して、またやられてしまう。
くそう、また強くなってやる……みたいな新しい目標ですね。
(ちなみに4つめの必殺技は波動を飛ばす飛びスキル、動かないおばけ樹や、オークのワープ直後の硬直に重ねると楽々倒せるように作られていて、やはりゲームプレイが段々になるよう、考えられてるんだろうなと)

▲一枚の広大なフィールドで終わりかと思えば、洞窟もちょっとあったり。狭い分だけ稼ぎやすいが、やられやすくもある……

強い敵はおびき寄せて、一体ずつ戦う……のが望ましいのですが、どうも敵配置に微妙にランダムさが加わってるのか?
たまに2種類の敵が同時に襲ってくる配置だったりしてやばいっ、と焦る状況もあり。

なんでしょうね、基本最初から好きな所へ行けるのですが、敵の強さ的に今は行っちゃやばそうな区域だと判断して自粛するという……、そういう所も楽しかったですね(何か昔の[ハイドライド3]みたいな感触がありました)

淫乱なだけでない、まさにMっ気が光るエロ。追い詰めセリフ芸の宝庫

そしてそうやってお金を稼ぎまくって解禁するエロですが、まぁ体験版でも分かるんですが、なかなかシコ度が高かったです。
具体的にはエロテキスト(地の文が無いので、セリフの応酬)が冴え渡っており、エロRPGでもなかなか並ぶ者が居ないほどのド淫乱・ドMな女剣士が陵辱されるという嗜好を、抑えるべき所をがっちり抑えて裏打ちしている。

例えば男がなじりながら出し入れするにしても、しっかり女剣士のおまんこの締りの感想を言ってたりするのは良かったですね。
これは派生に秀でており、1段階目ならキツキツに締め付けて来て気持ち良いぞっだったのが、3段階目では薬漬けでユルユル、でも「XXXしたら急に締まりが良くなったぞ!」というセリフに結び付けられる訳です。
あと膣具合をセリフに織り込むにしても、「嘘付け! 子宮降りて来てるじゃねえか!」みたいなバリエーションがある訳です。細かい。

エロシチュ展開としては、定番だけどやっぱり欲しいってのをやってくれてまして、
例えば衆人環視の前で犯されるというエロ、「こ、こんなに人に見られてる前で、ちんぽに屈したりしない!」とかキリッと宣言するんですが、まぁパンパンされたら軽く中出し耐性の弱さを吐露。
「それだけは許してくれっ」と懇願しても勿論トドメを刺されてしまい、この時に見てる側も「嘘だろ、本当に中出しされてる……!」とすかさず強調セリフを欠かせないのは偉いと思います(意外に衆人の方のセリフを抑えない作品が多い……)

そしてその衆人の呆然としたセリフが流れ終わらないかの内に、ちゃあああと弧を描く潮・おもらしドットアニメへ。
(本作一つ発見だったのは、只でさえセリフの責め口調が強いからでしょうか……、テキストに同期してアニメ差分に発展するという、シンクロの興奮が強い気がしました。
アニメ自体は少し小さめで、そこは残念ですが……)

キリッからのちんぽ堕ち、まさしく女騎士的な伝統芸ですが、これが1段階目ですから、残る2・3段階に心踊るのも分かるでしょう。

▲個人的に凄い刺さったシチュ

ちなみに1段階目がキリッ→ちんぽ堕ちなら、
2段目はもはや隠せない淫乱さで衆人から”やっぱりそういう奴だったんだ”と見下され始め、
そして3段階目は薬姦でイキ狂ってしまい、衆人もたまらず輪姦に参加する……という所でフェードアウト、という塩梅。

3段階目は基本的に薬姦の廃人手前シチュになるので、他のシチュだと「この間まんこに腕を入れたら……」
「そう言えばキワドイ衣装で歩かされて、やばい奴に捕まって股間から1リットルくらい精液を噴出させてたな」
「ちんこが何本入るか色々実験してみようぜ」
といった煽りが最高に興奮するのですが、あくまでエロドット的にはそこへの発展は無し。
やはりメインのシコはそういう扱いや言葉を浴びせられつつも、絶頂を繰り返す女性、というテキスト部だと思います。

あと上手いなぁと思ったのは、絶頂しまくるにしても
「(機械姦のまま放置されると聞いて)たくさんたくさんイキたいんですっ これ以上ないほど惨めな気持ちに……」
と、淫乱さだけじゃなくきっちりマゾっ気も絡ませてくること。これで一段深くなる。
同シチュも2段階目だと、あんなにイキ狂ったのに再び志願する主人公に若干引き気味の男たちに「おちんぽでイキまくったらクリでもイカないとバランスが悪いだろ」というトンデモ理屈をぬけぬけと吐く女剣士、というシチュがシコ。
そして3段階目の「すげえ……アクメと気絶くりかえしてやがる」という突き抜けた描写で締めてくる辺り、さすがです。

ボリュームは敵にやられたゲムオバの一枚CGが7個と、風俗のエロドットアニメが7×3段階。
さっくり遊べるサイズですね。
あえて言うなら場所が違うのは公開セックスの一つくらいで、あとはだいたい室内、ややシチュが被ってる所はあったか。
それでも便器の汚水に顔を付けられながらバックで犯されて悦ぶシチュ(CGだったら大惨事だけど、エロドットアニメで丁度良い)
とかね、なかなか見た事ない追い詰め加減とドMさで、うん、好きでしたね……

関連:
同サークルさんの、エロで世界を救う超絶いい子ロリビッチな[あるぱにゃワールド]のノリも好きでした……
(実は横ACT[あるぱにゃわーくす]も出てる、ヒロインの人気ぶり……?)

要するにオラッイケっ孕めっっって系だよね……、

[なんでも調査少女RPG]
はそうだろうけど、他のエロRPGとかで何かあったかな……