Unity製のとか3DのエロRPGもそろそろ本腰で考えるべき時なのか 今週のまとめvol.271

今週の作品まとめ

今週のまとめ

今週(12/30~1/5)の人気だった記事は
1位


2位


3位


4位


5位

製品版の感想は、

をアップデート追記しました。

[サナ](今週のランキング3位)、ここ半年くらいで溜まってた3回分のアプデを一気にプレイ。
妻とのマニア度高いご褒美エロ、新キャラとしてヒロインの母親が登場し、こちらの義母堕とし的なシチュ、そして主人公をナンパ男にチェンジ、若妻を会話の選択肢でノせて挿入まで持ち込む視点の海編……。

それぞれの追加にコンセプトがあって(そう、アップデートにも一つ一つの意味があると良いかもですね……)
いやぁやはり乳まみれ、良いものだとシコ、いや再シコを堪能しました。

[シード・オブ・ザ・デッド]、こちらはSteamで1万DL突破(らしい)記念のアプデでしょうか。
言うなれば凱旋アプデ……?
追加された新ステージは最終面の流用で、いや今までは一人で戦ってたし、そこで皆で戦うのだ……という意図は分かるものの、やや新鮮味には乏しいか。
でもお祭り感って大事ですからね、むしろもっとハメを外しても良かったのではとか思ったり……(ちなみにDLsiteだと今なら半額だぞい……)

そしてなにより、女の子の一人がゾンビに輪姦されまくり淫語たっぷりに喘ぎまくる長エロムービーが追加されてて、驚きを隠せなかったのである。
てっきりゲーム面に力を注ぐと思い込んでましたが、エロ方向の充実かーと(Steamユーザーから要望もあったのかな)
他にも色々変更点が見られて、世界で売るとはこういう事かと、意志を感じました。

あと今週1位の[魔王軍へようこそ5]の製品版感想は、この記事の最後でも紹介しているさたけるさんに昔、パッケージ版で書いて頂いたものですね……。
このサークルさんでは恒例のようですが、DL版に当たって大幅アプデされて登録されるようで。
DQの魔王軍となり、お店を経営して戦力増強、有名なヒロイン達を手篭めにしていくSLGと。
体験版無し・ナンバリングタイトルという事で、過去作(1~4)についても触れて紹介して下さってる、とても丁寧な記事です。

先週ぜひやりたい、なんてここ(今週のまとめ)で書いた作品も、予告でプレイしました。
4位[プリシアディフェンス]、
リアルタイム3Dで罠を仕掛けて拠点を防衛するのだというタワーディフェンス要素に、
ただ見守るだけじゃなく、積極的に攻撃を仕掛けてむしろ罠に誘い出す、みたいなTPSぽさがドッキング!
そして強化画面なんかはUnity上にまんまRPGツクールMVを乗せて動かしてる……、という相当な意欲作。

必要スペックは少し高いものの、これが遊んでみるとちゃんと成立しているバランス、詰め込んだ様な無理さは感じないゲーム性であり、挙動でした。
女の子の犯されモーションもなかなか良いなと……。
エロゲとしては初サークルさんみたいですが、かなり面白い切り口、市場に殴り込みを掛ける強襲策足り得るかも、と思いましたねえ……

売れ筋の作品は2位[Succubus × Saint ~淫魔の宴と聖女の法悦]、
私が予告で遊んだ時には既に事前お気に入り3500超え、それから少し延期して期待が天井だっただけあって、今週、凄い勢いで売れてますねえ……

立ち絵のみならず、時にカットイン2つにテキストとは別の思考ウィンドー表示みたいなエロの情報量、
歩いてるだけでぐんぐん溜まる発情・母乳・尿意度。
それらが限界超えれば、どこでもミルクおもらしだ、絶頂だ!
更に発情度が溜まった状態なら出てくる男NPC全員にセクハライベあり、また「おっぱいを吸って貰えるようお願いする」なんて、ボリュームも凄そうで……。
https://super-game.net/archives/matome266.html

分類するなら、ツクールの見下ろしACTとか、ぶつかり・立ち絵式のミニRPGといったテイストですね。
とにかく濃厚なエロさ漂う風情にまずやられるというか……

あとPVランキングには入りませんでしたが、

こちらも今週の(今年に入っての初週、新春の)エロ大作、シコ期待できる奴! という枠でしょう。↓

サークルさんの過去作的にはおっぱいがボインボインするアニメ、という印象が強かったのですが、
本作はそこからデザイン・構造的に一段上に行ってる、という物さえ感じた予告でした。

そもそも始まりからして、Hライブチャットの待機画面からスムーズにスタートという異例の導入、「あるある」って気分を促すUIの凝り方で。
そこまでで”男プレイヤーとしての”共感を得た後、ヒロイン視点の物語描写となると、これが配信メインのいわゆる女主人公モノの定番の流れを削ぎ落としたテンポで、ダレ無いしコンセプトがくっきりする。
ヒロインの色んな配信アイデアでH感を出そう……という着想に至っては、昨今のVtuberみたいな配信者の気持ちをロールプレイしてるような趣さえあり。
色んな視点での面白みが滞る事なく流れておる、つまり洗練、と思ったのです。
もちろん借金のカタに取られた母と妹の運命(エロ)は……と欠かさず盛って行く姿勢も含め、素晴らしく期待できそうな作品だなと。
https://super-game.net/archives/matome270.html

5位[Lunar eclipse garden]は興味深い作品でした。
これがね……、体験版では死亡フラグがあちこちに用意された探索系のツクールのADVで丸呑みオンリーという事のみが見えますが、ともあれ主人公ヒロインのキャラデザ。
フェミニンさも多分に含んだ外見なのに、でもゲーム中の振る舞いや周りの扱い的にはボーイッシュ、端々に見られるちょっと稚気ある所も可愛いなって思える、
そんな子が丸呑みされて最後を迎えるっていう、良さですよね……
昨年の年末、忙しい頃にさらっと登録された一本ですが、体験版触るともっと知りたい、と思える作品なんじゃないかと。

それとPVランキングには入りませんでしたが、こちらも興味深い作品でした。↓

スマイルビルダー製(つまり3DのRPG)で、独自のエロモデルを採用した作品。
と言ってもSDキャラですし今の時点では”置き物”感もありますが、佇まいの独特な面白さはあるか。
この路線でもっとがっつり、ガチ感溢れる3Dモデルやってくれたら、いよいよ3DのエロRPGも夜明けでは……なんて思うのですが、実際にはインポートできる規格が結構厳しいらしく、そんなに簡単には行かないのかね……

昨年末の忙しい頃に登録された、全年齢ゲー、”レトロな”3Dアクションというコンセプト。
そう……、最近の3Dゲーばかり触ってるとつい忘れがちですが、
同じ3Dと言ってもあぁそうだった、32bitの家庭用機の頃はこういう方向を志向していたよなぁ、と触って唸る感じ。
見た目がローポリ……とかだけじゃなく、マリオ64とか、ゼルダ3Dとか、そういうアスレチックとギミックな楽しみですよね……
3Dゲーは海外が席巻したからか、何か「リアル」な挙動ばかり持て囃されますが、こういう路線もあるよなと。
東方キャラのやり取りを「幻想郷の外から来た人間」として眺める主観カメラアングルとか、実はかなりこだわりある作品かなと感じました。

記事にはしなかったけど興味深いもの↓


[【新作発売記念セール中】悪堕ちすごろく2 ~悪に堕ちる性騎士~]


[とらぶるファンタジー]


[ROCKMEN R2 Dr.ワ○リーの再起!!]

アップデート的なあれ↓

[スフィリアの使い魔]

暇だからゲームでもするかさんが書かれてますね……

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

リビルの罠

一作目が、主人公が妊婦の状態から始まる脱出という[耐出-妊婦エルフと森の館-]
二作目がWWAの[淫層の洞窟]という、結構変わったシステムに興味がありそうなサークルさん。

今回の絵師さんは一作目と同じですが、同氏の[操魔の器]を思い起こすようなキャラデザで、これは売れ行き的にも期待できそうか……?

そしてシステム的には一定額の借金を返す為に、戦闘・お店経営? ほうほう……

5つの恍淫

基本的には、おっぱいポインポインと揺れたり犯されたりのアニメが眩しい、横ACTで活躍されて来たサークルさん。
(あとジョジョのスタンドとかマッドマックスとか、「分かるけど、エロには向かないのでは」みたいな要素をやっちゃうマイペースさもちょっと好き)
たまにミニゲーム系も出されてて、中でも[ISSHKICKS~イクかイかされるか! 悶絶バトル~]には、これはビジュアルの綺麗さあるし適度にえろいし、面白いかも……という物がありましたね……。

そんなサークルさんが初のRPGと?
アニメの強さをどう活かすのかなと思いつつ、何やらシステムも一風変わってそうであり……、気になります。
(あと『その旅は困難だけど、たぶん気持ちいい❤』っていうキャッチフレーズ、何か伝わって来るものがある、良い文)

他の方のブログ

うちに良い文章を感想寄稿して下さっていたさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

おっ、風が吹いただけで絶頂しそうなムラムラ敏感体質、とにかくエロそうな雰囲気が凄くて、実のところ体験版ではちょっと内容が捉え辛くもあった、期待作の製品版感想ですね……!

非常に分かりやすく整然とまとめられた文章で、良さが入って来やすいなと。
作品としては立ち絵常時表示の見下ろしアクション……って色が強いみたいですが

私自身、避けゲーはエロとどう絡めるかが重要で、避けゲーとしての面白さはあまり重視していません。少なくともツクールで面白さを引き出すことは難しいと思っていました。

本作はその箇所の仕様を煮詰め、避けゲーの面白さを引き出しています。

という書き出しにまずなるほどと納得。
さんざんダンジョンの構造や、ゲームと成立させるギミックを述べた後で

そして、ベストなエンディングを迎えようとすると今度はゲーム性が増してきます。

というのも、非常に頷ける運び。
エロまみれもOK、頑張ってクリアもOK、そういうの良いよね……

そして勿論、種々の数値を反映するダンジョン内イベントの変化、
拠点で救出した人のエロイベ、なにより完全に画面を覆い尽くしてる立ち絵+責められカットイン4つという絵面に、やはり並々ならぬ物が伝わって来るというものです……

これも気になってた作品ですねー、
エロ配信者として知名度上がり過ぎて、学校での身バレ脅され、
エロRPGらしく、初めは配信(表)と心(裏)が別々だったのが、そのうち全部ピンクに染められてゆくゆくはオフパコ会……などのエロエロ展開は予想しておりましたが(このいかにも予想出来るってのが、エロとしてもソソる訳で)
セックス生配信・オンライン放送で絶頂、当然その間もばんばん入るコメント。
ストレートに良さそうだと……

それだけでなく、

ネカフェで男女カップルの前で誘惑して破局を迎えさせるテーマや、温泉の更衣室で他人のおっぱいを盗撮するテーマなど、どれも過激且つ犯罪。
過激な配信を行うユーチューバーのエロ版と言えばよいでしょうか。

動画が炎上してしまい謝罪配信するようなイベントも(実は単純な謝罪で終わりません)。

この辺りをゲーム操作で配信しながら行うというの、単純に面白そうですなあ……。
作品タイトルはチャットレディですが、そこだけじゃない、
迷惑youtuberの感覚も(ゲーム、シチュ的に)盛り込んでるのが面白いくすぐりとなってますよね……。

あと言われてみればそう、良いエロ配信をして銭を稼ぐのだって所は、確かに経営系SLGの萌芽というか、要素の上手い利用法が見えますね。
今回は他の製作者さんも協力したからでしょうか、いや本当に、多重な巧さが光る、豊かな経験ができる作品になってそうだなあと……。